« 超人の面白ラーメン紀行 178 神田多町『鮮魚らーめん 五ノ神水産』 | トップページ | クロカル超人が行く 190 ロバート•マーフィー先生の最終講義を聴講 2 »

2014/04/01

超人の面白ラーメン紀行 178 神田多町『鮮魚らーめん 五ノ神水産』 続

Image

銀だら搾りらーめん(780円)を頼んだ。カウンターのほぼ中央に座ってから7分後やや白っぽいラーメンが出てきた。これはいつものラーメンの臭いとは違う、確かにあの銀だらの臭いだ、銀だらを食べている雰囲気だが違う、銀だらのエキスの入ったスープのラーメンを食べているのだ。不思議な感覚である。大いなる錯覚に陥った。これなあーに、食べたらどうなるの。一啜りまた一啜りするもやはり銀だらの味、よく煮込んで搾り出しているのだ、だからスープは濃厚でどろっとしている。この方が麺に絡みやすい。白中太麺ストレートを使用している麺ももちもち感があり、なかなか味わい深い。さすが製麺所仕立てのことはある。トッピングがこれまた不思議な味で、炙り銀だらの皮が多少、柔らかいチャーシューがたっぷり2枚、この大小のコラボは二つの異なった味を一度に楽しめるのだ。アオバ、刻みネギそれにこの店独自の三角形のメンマなどラーメントッピングのちょっとした引きつけ役も意外と楽しめた。銀だら搾りらーめんは今まで味わったことのない不思議な食感で美味しかった。塩辛さが残ること以外は…。
メニューは看板の銀だら搾りらーめん(780円)の他にかけらーめん雲丹搾り(900円)、炙り鮭搾りらーめん(780円)、つけ麺銀だら搾りらーめん(850円)など。店はカウンター12席、テーブル6席、午後2時過ぎでも客入りは上々。 若い人の働く姿格好が印象的。こういうラーメン店がもっとあってもいいかも。
住所: 千代田区神田多町2-9-6 田中ビル 電話: 03-6206-8814 営業時間: 11時~3時 17時~9時 定休日: 日曜日

神田多町『鮮魚らーめん 五ノ神水産』1.スープ★★☆2.麺★★★3.トッピング★★★⒋接客•雰囲気★☆⒌価格★★

余談だが、昨年5月末に訪ねたニューヨークの『KODAMA SUSHI』の板長さんは神田多町の出身と言っていたからこのあたりかも。

« 超人の面白ラーメン紀行 178 神田多町『鮮魚らーめん 五ノ神水産』 | トップページ | クロカル超人が行く 190 ロバート•マーフィー先生の最終講義を聴講 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人の面白ラーメン紀行 178 神田多町『鮮魚らーめん 五ノ神水産』 | トップページ | クロカル超人が行く 190 ロバート•マーフィー先生の最終講義を聴講 2 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31