« 美味しい食べ物 ラーメンの鬼こと佐野実氏の話そしてラーメンの名脇役焼き豚 | トップページ | クロカル超人が行く 190 ロバート・マーフィー先生の最終講義を聴講 6 »

2014/04/21

クロカル超人が行く 190 ロバート・マーフィー先生の最終講義を聴講 5

実はロバート・マーフィー先生の最終講義は2014年2月15日に実施されるはずだった。しかし、その日は前日の記録的な大雪で中止になり、学生たちの尽力により1ヶ月半後の3月30日((日)に延期して実施された。だからマーフィー先生の講義の始めの日付もFebruary 15th, 2014だった。印象記などはすでに書いたのでここでは補足する意味で再度講義の内容を辿ってみたい。幸いにビデオカメラを持ち込んでいたので、映像などの再現は比較的容易だった。しかしながらマーフィー先生のビリテッシュ イングリッシュには慣れていなかったせいか多少手間取っている。「いる」と現在形で書いた理由はまだ聴いている最中だからだ。3回位ビデオを再生して聴いていたが、小さな声で囁くようなところが聞き取りにくかったのだ。大きな教室の普段は学生が使う長机に置いて撮影したため、周りの音なども拾ってしまったことも聞き取りにくい一因だったか、それとも筆者のヒアリング力が衰えたということか。それにしてもロバート・マーフィー先生の時に奇声に近い大きな声などメリハリの効き過ぎたパフォーマンスは見事だった。流石は演劇人ー。
それではロバート・マーフィー先生のパワーポイント使った講義メモから大部分を書き写してみよう。
最終講義のタイトルは

My Cup Runneth Over
私の心にあふれるしあわせ

« 美味しい食べ物 ラーメンの鬼こと佐野実氏の話そしてラーメンの名脇役焼き豚 | トップページ | クロカル超人が行く 190 ロバート・マーフィー先生の最終講義を聴講 6 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 美味しい食べ物 ラーメンの鬼こと佐野実氏の話そしてラーメンの名脇役焼き豚 | トップページ | クロカル超人が行く 190 ロバート・マーフィー先生の最終講義を聴講 6 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31