« クロカル超人が行く 190 ロバート・マーフィー先生の最終講義を聴講 5 | トップページ | クロカル超人が行く 191 長野県東御市『水村喜一郎美術館』 »

2014/04/27

クロカル超人が行く 190 ロバート・マーフィー先生の最終講義を聴講 6

201403041307362

ロバート・マーフィー先生の最終講義メモから。

My Cup Runneth Over
私の心にあふれるしあわせ

1. Introduction
Thanks/Honour
イギリス
ドイツ
日本 41年の
「学生とともに歩んだ41年そして旅」

2. A Teacher
A language teacher

At the age of
11: French
12: Latin(dead)

13: German
(17: Spanish ...)
22/23 Italian

in my 50s:
Japanese
Aims:
German,
Germany,
1. To work hard
and contribute to the health of the
University/
Community N.B-
-uni-
"University"って?...
2. To learn what Japan,
what Japanese people
really are

like, to understand them, the
best of them in particular:
To learn basic Japanese
have five languages
to teach, and to learn from.

ACHIEVED, but not quite as
planned…

Silence, lack of communication
lack of working together of
making use of particular incl. we have
human capital
But:
I ended up learning more
about Fr/It/Ger/Eng and
--bcs much time, etc.aan
A sort of ironic twist, and
Judo technique
LOVE language

女性が掲げているサッポロビールの昔の広告の写真

And, if we look around, and listen, we come upon so much
that makes us glow.
e.g. the imagination,
humour, unexpected in 1986, in J. and Jpse ppl.

...foreign languages
...my native language
How to "see",
to see more deeply 深く

my "teachers":
Reading
Music, incl. It
canzoni, Fr
chansons.
Film
BBC !
Learnt more It.
Fr. in Japan.
Well supported

研究室の紹介

Musical offering ! My books, and
able to read a
lot in early years: AND
clearly
exactly

猪苗代湖や北海道の写真
(ここでバックラウンド ミュージックが流れる)

思い出の写真の数々

honestly
fairly 公平
repectfully

礼儀正しい

the
(ざ..)
日本語の母音の入ったプレーンアクセントをユーモア交じりに披露
(マ・ク・ド・ナ・ル・ドの特にドの音を強調した日本人の音声の癖を
忠実に再現した発音は最高傑作。日本人が英語の子音をいかに発音し
難いかの典型を見事に演じていた)

思い出の写真の数々

The Japanese
The Germans
The French
The Americans
Stereotyping,
is, at times, welcome,
healthy, but all too often
As a teacher a language teacher, in my own country...
...in another country...
...a teacher of a foreign language...
.. a teacher of my native language...
ALWAYS a student
and
an ambassador
大使

We have challenges that make our job harder, and more
interesting, And then, there are such great
teachers that turn up as we read widely. OF
many, I mention
a few. G.K.
William
Gerhardi(e)
Chesterton(イギリスの作家ー筆者注)

Donald Richie(日本映画評論家ー筆者注)
Donald Keen(日本文学研究家ー筆者注)
Ienaga Saburo(歴史家ー筆者注)

日本

想史に於ける
否定の論理の
発達/

Matsuzaki Hiroshi & Bruno Smolarz (2006 )(『Hokusai aux doigts d'encre』の著者ー筆者注)
Le développement d’une logique de négation dans l’histoire de la pensée japonaise
La Toison d'Or
Robert.N.Bellah(アメリカの宗教学者で『家永三郎と近代における意味の追究』の著者ー筆者注)
Karl Friedrich Zahl (1990)(『Kulturgeshichte Japans 』の著者ー筆者注)
Kulturgeshichte Japans.(Munchen: Iudicium), from
Ienaga, 1959,
1982), Tokyo: Iwanami Shoten
Marguerite Wells(1997)(オーストリアの作家ー筆者注)
Japanese
Humour
Basingstroke:
Houndmills

Language
"Language"
Languageって
culture
History
Each human
being
教育学部

人間発達学部

Each has at its core:
a human being
何でしょうか.
What is man ?
………a man ?
………a woman ?
………a child ?
a human being:
Why…?
What…for ?
inter-
interpersonal
intercultural

3.Times, Places,
Times, and the man

UK
Britain
England Nothern Eng.

Post-war(WW2)
Pre-Thacher(1979-???)
2014.ff.

思い出の写真の数々

Conclusion:

to be commited
teacher now is more difficult as much as the general system,
public will support real solid teaching
less
Research 研究
Literature V.
linguistics

VERSUS:?

A or B ?
A and B ?

When skinny
becomes
scrawny...
bronchitis
the years
overwork
under-resting
dirty work places
KKK
2001...

2011:
The healthy,
dynamic
creature here,
surprising
himself as he looks back, has

資料
ISBN
978-4-905388-44-9

2,400pp., 3
volumes
2012 クロスカルチャー出版
Synopsis by
澤正宏先生
Masahiro Sawa
Sawa Masairo

福島原発設置
反対運動
資料

201403041307361_3

(親しみのある出版名が突然出てきたのにはサプライズ。想定外の出来事だった―筆者注)
Whether teacher, student,
whatever we are, let us
savour the advice, and sounds, and the whole
striving for the best in each of us, that the British,

English, poet,
詩人 John Keats,
urged the poet to do.

鉱石 ore
亀裂 rift
to load every rift with ore.

If we look, listen, with respect , and
education, we see, we discover
the vein of gold, of great value and
beauty, and we can 'laod every rift with ore"

John Keats(1795-1821)

THAT, BEING A
PERSON WHO RESPECTS AND SHARES QUALITY
NOT AMASSING
MONEY AND POWER ONLY,
IS ONE OF THE KEYS TO
HEALTH. DRAMA
enables us to see many examples of
both in action, on stage, and ourselves.

Let us take power over our learning,
power with respect
and self-control.
and KINDNESS
with
STRICTNESS, in
harmonious
combination.

Here's to life:
You, my great teachers, my students, let's us
give back quality
whatever is given as
carpe diem !(ラテン語: 今を楽しめの意)
seize the moment, don't
waste a moment
in doing what is right, sharing
what we have
being
independent in healthy
harmonious
balance.
Here's to life !
This is not End alone !
It is a Continuetion,
and a further
Beginning.

講義はここで終了。
これはあくまで大方の講義メモである。
マーフィー先生はこのメモに基づいて話された。
子音の響きが何とも言えないほどの綺麗なブリティッシュ イングリッシュで。
講義内容も充実していた。
(マーフィー先生は英語のヒアリングの入試問題で作り手側として参画していたとか)
このあと質疑応答、学生の謝辞、
花束贈呈そして学生たちが制作した
一言英語ビデオ寄せ書き、これは感動的だった。

筆者は添削や翻訳でお世話になったお礼にIrish staut「Murphy's」を東京から持参、マーフィー先生にプレゼント。マーフィー先生は確かアイルランド出身だとそばにいたS先生が教えてくれた。喜んでくれたみたい。
このあとマーフィー先生は学生たちとの懇親会に出席の予定、S先生とその場を辞した。
"メールデkeep in touch with シテネ"とマーフィー先生、その表情には優しさが溢れていた。
"See you"と筆者。

ロバート・マーフィー先生は4月30日に日本を立ち、イギリスの古都カンタベリーに帰る。
しばらくは自分のご褒美として充分な休養をお取りいただいて、楽しい実りのある余生を送ってください。忘れていたがロバート・マーフィー先生は愛妻家で日本人の奥様を大事にしている。それは彼の長いメールからも伺えた。お身体にはお気をつけて。学生たちにも良き先生として心に刻まれるはず。

Goodbye, Mr.Murphy !

追記 丸山真男や加藤周一の本を読んでいる筆者としては、ロバート・マーフィー先生が講義で触れていた家永三郎の『日本思想史に於ける否定の論理の発逹』が気になり、今書物などを漁っている。難物なのだが、よく外国文化に長く触れてきた人が晩年になって日本回帰をすることに度々出くわす。なぜなのかずっと気になっていたのだ。この点の問題解決に大いにヒントをもらえるかも。ロバート・マーフィー先生はフランス語やドイツ語の翻訳そして英語でも読んでいる。もちろん日本語の原文も読んでいる様子は、先の講義メモでも明らかだ。筆者はベラーの本もぜひ読んでみたい。この最終講義は筆者にとっても刺激的だった。ロバート・マーフィー先生に感謝である。

« クロカル超人が行く 190 ロバート・マーフィー先生の最終講義を聴講 5 | トップページ | クロカル超人が行く 191 長野県東御市『水村喜一郎美術館』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« クロカル超人が行く 190 ロバート・マーフィー先生の最終講義を聴講 5 | トップページ | クロカル超人が行く 191 長野県東御市『水村喜一郎美術館』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31