« 超人の面白体験 ありえない話① 風雪流れ帰宅 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 156 ソチオリンピック 2014 here and there 2 »

2014/02/24

超人のジャーナリスト・アイ 156 ソチオリンピック 2014 here and there

今朝早く17日間に及んだソチオリンピックが閉幕。大会中に政情不安が叫びれていた隣国ウクライナの首都キエフで反政府デモ隊と政府治安部隊の大激突で80数人もの死者を出し、選手にも競技に参加せず急遽帰国した人たちも。国を二分しかねない国家存亡の危機の事態だが、今朝になって親ロシア派の前政権は崩壊、親EU派の大統領が戻り選挙を実施するらしい。いち早い政情安定化を望むばかりだ。
さて、今回のオリンピックはロシアの避暑地ソチでテロ対策の大警備の中87ヶ国、7競技、98種目で行われた。結果金メダル上位3位はロシア、ノルウェー、カナダで総数249のメダル授与とか。日本は金メダル1個を含む合計8個をゲット。長野オリンピック以来のメダル獲得数だが、筆者的には10個以上欲しかった。高梨、上村、浅田、高橋選手他もメダル有力候補者だったが、オリンピックには魔物が住んでいるといわれているらしく、彼らの実力が思う存分に発揮されずに残念な結果となった。日の丸を背負いながらの競技、オリンピック独特の雰囲気にのまれプレッシャーに押し潰された感じだ。これは場を踏めば直るということでもないらしい。オリンピック出場7回目、最年長で銀メダルをゲットした葛西選手の例もあるのだ。要は競技には実力プラスアルファがあるということの証左かも。だから数々のドラマ、悲喜劇が生まれ、それが観ている者に新たな感動をもたらしレージェントを創るのだろう。
ところで、アルペンスキー滑走のスロヴェニアの金メダリスト、ティナ・マゼー選手をご存知だろうか。モデル、歌手のマルチ美人選手として話題をさらった女性だ。尚、スロヴェニア国について知りたい方は2006年6月18日のコラムを参照されたい。〈つづく〉

Image_3

Image_6


« 超人の面白体験 ありえない話① 風雪流れ帰宅 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 156 ソチオリンピック 2014 here and there 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人の面白体験 ありえない話① 風雪流れ帰宅 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 156 ソチオリンピック 2014 here and there 2 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31