« 超人の面白写真 ニューヨークからの最新フォト | トップページ | 超人の面白書店発見  東京豊島区池袋 ユニークな書店『天狼院』 »

2014/02/01

超人の面白ラーメン紀行 177 松戸市 中華そば『とみ田本店』

Image_7

あれはいつだったか、ラーメンの甲子園開催で『無鉄砲』×『とみ田』のコラボラーメンを食べたのは。それ以来『とみ田』が頭からこびりついて離れなかったが、今回思い切ってJR常磐線松戸駅まで出かけてやっとその思いから解放された。
午後1時11分に店の脇で並んだ。すでに35人が先行、後方も5人、しかし1時間後には後方5人がたちまち20人に増えていた。店のスタッフの誘導のもと券売機でチケットを買い、また元の位置に戻り20分位待って、ようやく店内へ。窓側のカウンター5人用の右から三番目に座り注文した中華そば(700円)を待った。出てきた、出てきた、究極の中華そばだ。思った通りのドロドロ系のスープの中にストレート系の太麺、でかい支那竹、かわいいナルト、ごく普通の海苔、多めの刻みネギそしてトッピングのキングオブキング、体格の良いチャーシュー2枚ー見た目と違って柔らかーがのり、やや怖い感じのどんぶりは松戸の文字や龍の絵をあしらったオリジナルのもの。一啜りして大勝軒系の味だと分かった。そう言えば、ここの店主が尊敬してやまない元大勝軒の山岸大将の色紙も筆者の席の前にあった。太麺がドロドロ旨味成分たっぷりのスープによく絡んでいたが、まろやかでも食べていくうちに少し塩辛さが出てきたのが気になった。長い時間並んで食べる価値があるか少し考えてしまった。店の戦略に嵌められコントロールされている感じもする。これだけ混むなら店のスペースを大きくとればと勝手に想像するのだが…。
メニューは中華そば700円、味玉そば880円、つけそば800円、つけ味玉900円、特製つけそば950円、チャーシューそば950円、つけチャーシュー1000円、ワンタンそば800円他。おみやげラーメンあり。

Image_4

Image_6

住所 : 〒271-0092 千葉県松戸市松戸1339 高橋ビル1階 TEL : 047-368-8860 営業時間 : 11:00〜17:00 定休日 : 水曜日 ※麺、スープ切れ次第終了

松戸市中華そば『とみ田本店』1.スープ★★☆2.麺★★☆3.トッピング★★☆4.接客・雰囲気★★5.価格★★☆

追記 ラーメン待ち時間を利用して最近購読し始めた「The Japan Times On Sunday」をじっくり読んだ。2013年10月に「The Japan Times Weekly」を衣替えして新たな紙面充実を図っている英字週刊誌だが、今回読んでみて内外の記事や特集、新刊案内、書評等以前より署名記事が多く、ただ単に配信された記事掲載で埋めるのではなく、メリハリの効いた記事に構成されているような感じを受けた。待ち時間もこういう風に使うと効果があるものだ。

追記2 おみやげラーメンまでゲットして帰ったが、途中メール返信を見て少し落胆。仕事で作家のO氏に推薦文を依頼してもらったが、健康上の理由で断られてしまったのだ。

« 超人の面白写真 ニューヨークからの最新フォト | トップページ | 超人の面白書店発見  東京豊島区池袋 ユニークな書店『天狼院』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 177 松戸市 中華そば『とみ田本店』:

« 超人の面白写真 ニューヨークからの最新フォト | トップページ | 超人の面白書店発見  東京豊島区池袋 ユニークな書店『天狼院』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31