« 超人の面白読書 103 サヘル・ローズ著『戦場から女優へ』 | トップページ | 超人の面白鉄道物語  T駅の開かずの大踏切が今風の陸橋に変身 »

2014/01/14

クロカル超人が行く 181 横浜市中区『太田なわのれん』

横浜市中区末吉町の牛鍋•日本料理『太田なわのれん』、創業明治元年の牛鍋元祖の老舗である。東京中野産の甘い味噌で山形牛の角煮を食べる、それこそ坂本龍馬のおりょうさんはいなかったけれども(おりょうさんが働いていたのは神奈川区台町「田中家」)文明開化の味。肉は美味。店の仲居さんの話では味はほとんど当時と変わらないとか。筆者を含めて3人、日本庭園を身近に眺められる温泉旅館風の趣深い和室で牛鍋•日本料理に舌鼓、しばれる冬の夜の小時間を楽しんだ。
ゲスト氏曰わく、外国人を食事に誘う場所には最適だと。もう一人はビールを舐めるように呑んでいた。聞けば体調がイマイチとか。

OHTA-NAWANOREN(Established 1868)
Instead of thin sliced beef, we use bite-size pieces with our secret miso-dare soup stocks.
The Sukiyaki you enjoy in a Japanese style room gives off a beautiful aroma of days gone bye,
cooked over a charcoal fire burning in a shichirin clay stoves. 店のしおりより

Ncm_1007 Ncm_1010 Ncm_1011_2

写真 : ①この店のオリジナルぶつ切り牛肉鍋と日本料理。デザートのイチゴプラスアルファは誰かが書いていたが吉兆の弁当のデザートみたいと。②店の壁に飾られていた横山隆一の漫画。ふくちゃん風。戦後店が依頼したらしい。横山隆一は鎌倉在住の文化人だった。③店のしおりにある店内紹介。

追記 徳光アナと女優田中律子さんそれにゲストの乙葉さん(吉本所属のお笑い芸人藤井の奥さん)の3人が新横浜~保土ヶ谷→伊勢佐木町を巡るテレビ朝日の番組、『路線バスの旅』の終わりに予約していたこの店で牛鍋を食べた。筆者は『路線バスの旅』をよく観ているが、近場巡りで穴場的なところや徳光アナの嗅覚や独断で入るところなどあって意外と面白い。もちろん、昼食時に一杯やった後バス乗車中に居眠りすることは視聴者の知るところだが、それはそれ、徳光アナの人柄が反映していて今や名物シーンだ。特記すべきは、筆者も知らなかった西区藤棚商店街にある日本一小さな映画館(28名収容)、『シネマノヴェチェント』の訪問だった。いやはや、こういう超個性的で小ぢんまりした映画館があるとは。今度出掛けてみよう、と。(2017.3.19 記)


« 超人の面白読書 103 サヘル・ローズ著『戦場から女優へ』 | トップページ | 超人の面白鉄道物語  T駅の開かずの大踏切が今風の陸橋に変身 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 181 横浜市中区『太田なわのれん』:

« 超人の面白読書 103 サヘル・ローズ著『戦場から女優へ』 | トップページ | 超人の面白鉄道物語  T駅の開かずの大踏切が今風の陸橋に変身 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31