« 超人の面白ラーメン紀行 176  東新橋通称イタリア街『Due Italian シオサイト店』 | トップページ | 超人のニューヨーク訪問記 2013年初夏 44 ロウア・マッハッタン  その前に »

2013/09/16

超人のニューヨーク訪問記 2013年初夏 43 ニューヨークの大学など ニューヨーク大学

大型台風18号が愛知県に上陸、只今山梨県あたり、このあと福島県を通り三陸沖へ抜ける見通し。すでに京都、滋賀、福井、埼玉県などで集中豪雨、群馬県では突風が発生したみたいです。こうなりますとやはり福島第一原発の汚染水漏れがさらに悪化することが大変懸念されますが、対策は大丈夫でしょうか。京都の嵐山では桂川が氾濫、渡月橋が浸水状態みたいです。テレビは特別番組を組み、台風情報を流しています。

さて、ニューヨーク訪問記も終盤に。
ニューヨーク公共図書館から次の訪問大学のニューヨーク大学へは地下鉄を利用、42丁目からマンハッタン島を南下、ソーホー、ビレッジ地区のワシントンスクウエアで地下鉄を降りました。午後3時15分前、ニューヨーク大学図書館の司書女史に会う約束時間には多少余裕がありましたので、同伴者のI女史が安くて美味しいコーヒー店を紹介してくれました。アイスコーヒーをテイクアウトして近くの公園のベンチに座り喉を潤しました。何せ猛暑日、一息ついたところで公園の隣にあるニューヨーク大学図書館の入口へ。5分前、訪問時間がよろしいようで。まず目に入った光景は図書館の内部が見えるように演出されたスケルトン風の吹き抜けの空間でした。230pxnyus_bobst_library2_3目を見張る光景です。守衛の人に司書女史を呼び出してもらいました。しばらくするとややふくよかでメガネをかけた笑みたっぷりの司書女史がやってきました。驚いたことに、彼女の口からいきなり流暢な日本語が飛び出してきました。今日は、はじめましてー。2階にある司書室に通されてまずは挨拶、世間話にしばし花が咲きました。日本から持参した単行本、絵入りの手拭い、箸、日本製のボールペンなどのおみやげを手渡しましたら気に入ってもらえたようで一安心でした。福島原発の話に及んではこちらでも原発について問題になっていて新聞で報道されたばかりと司書女史。原発のある場所からそう遠くないところから通勤しているので事故が起こることがとても心配ですと。この5月末~6月上旬には卒業式があってそのあとは長い夏期休暇に入り、彼女は日本の奈良の大学で2週間ほど博物館研修を受けるため来週から日本へ行くそうです。この研修には世界中から20人ほどやってくるそうです。また、堅い話ばかりではと横浜のラーメン博物館の英文版を見せましたら、私行きましたと彼女から想定外の返事が帰ってきました。1年間日本に留学していたこともあって、その時に食べに行きましたと。しかし博物館のイメージとはほど遠かったと少しがっかりした様子でした。実益を兼ねたキッチュな博物館ですから若者受けはしても違和感があるのは歪めませんが。もちろんこの地区にある日本のラーメン店「一風堂」にも話が及びました。同伴のI女史はこのニューヨーク大学の卒業生で本当は国際間の文化交流の仕事をしたかったのですが、ちょうどリーマンショックの時期で就職がなかったと自分の不運さを嘆いていました。ニューヨーク大学図書館には1時間弱いました。日本文化に造詣が深い司書女史で、今ある日本人について論文を執筆中でした。刺激的で素敵な女性司書でした。

ニューヨーク大学は1831年、当時の実業家たちによって古典に縛られない新しく自由な大学を目指して創建されました。伝統的なカリキュラムから近代的かつ実際的な教育を組み合わせたカリキュラムで、言語学、哲学、歴史、政治、経済、数学、自然科学も学べるような、現代的な大学のはしりの大学です。銀行家、弁護士、医師、建築家やエンジニアを輩出。現在他に見られない「スポーツビジネス」、「不動産」、「出版」など専門分野の経営修士課程が有名だそうで、世界ランキングでも50位以内をキープしています。特に評価が高い、トップレベルのロースクール、名門のビジネススクール(ファイナンス部門は世界トップ)、非営利団体運営や地方自治運営を学ぶ学部、教育・看護・芸術などに特化した学部などユニークで多彩です。学部生・院生併せて43000人以上、教職員6700人以上、運営資金24億3000万ドル。ノーベル賞受賞者20人、ピューリッツァー賞13人、アカデミー賞、トニー賞やテレビ番組制作のエミー賞などの受賞者も輩出しています。また、前にもこのコラムで書きましたが授業料は全米2位の高さです。アブダビ校や2013年には上海校も開校される予定。
ところで、あるブロガーの大学見学記のコラムには2013年9月26日にニューヨーク大学プロフェッショナル学部アメリカン・ランゲージ・インスティチュート 東京校、通称ALIが品川インターシティに開校すると書いてありました。http://www.scps.nyu.alitokyo.jp 学費は12週間で平日昼月〜金が432,000円、夜337,000円、週1コマ75,000円、週2コマだと180,000円、これ以外に入学金が31,500円だそうでかなり高額みたいです。ビジネス英語プログラムは、週1コマまたは2コマ10週間で、1コマ90,000円、2コマでは216,000円です。プロフェッショナル育成の実践機関となるか、ニューヨーク大学の試みに注目したいです。

【参考資料】「ウィキペデア」、「親が知らない進学のヤバい話」http://tyamauch.exblog.jp/19947367

« 超人の面白ラーメン紀行 176  東新橋通称イタリア街『Due Italian シオサイト店』 | トップページ | 超人のニューヨーク訪問記 2013年初夏 44 ロウア・マッハッタン  その前に »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人の面白ラーメン紀行 176  東新橋通称イタリア街『Due Italian シオサイト店』 | トップページ | 超人のニューヨーク訪問記 2013年初夏 44 ロウア・マッハッタン  その前に »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31