« 超人のジャーナリスト・アイ 154 スウェーデンの小さな新聞から最新ニュース | トップページ | 超人のニューヨーク訪問記 2013年初夏 43 ニューヨークの大学など ニューヨーク大学 »

2013/09/11

超人の面白ラーメン紀行 176  東新橋通称イタリア街『Due Italian シオサイト店』

Due_italianncm_0855_3

世田谷の『アーバンラーメン』、大阪ミナミの『どうとんぼり神座』に続く新感覚のラーメン店第三弾は『Due Italian シオサイト店』。東新橋通称”イタリア街”にあるイタリアンラーメン。Due_italianncm_0852この東新橋二丁目辺りはイタリア料理店が並んでいて、イタリアの都市の路地にいるみたいな錯覚に陥るから不思議。その一角にカレー店があるのはお愛嬌かー。
生ハム入りフロマージュ(1000円!モッツァレアチーズが入ったラーメン)を頼んだ。卵形のユニークなどんぶりにコンソメ風スープが程良く入り、見た目は塩味風だが一啜りすれば洋風のテイスト。ストレートのもちもち感のある細麺、柔らかい味付け卵、少々のネギがプカプカ浮かび、真ん中にやや濃厚なチーズがたっぷり、どんぶりの淵には新鮮な生ハム、まさしく新感覚のラーメンである。しかしトッピングのチーズと麺がスープに良くマッチしていてこれが意外と美味。和風カルボナーラになるのだ。ボーノ!他に「Sio」(780円)、ミニトマトとフルーツがたっぷり入った「冷製赤いらぁ麺」(1200円)、レモン、シークワーサー、スダチが入った「檸檬らぁ麺」(880円)、「柿酢らぁ麺」、「パルマ産生ハムさらだ」(1200円)など新感覚のラーメンとサイドメニューがあるが、この店の一番人気はチーズ入りの「フロマージュ」(880円)でリゾットを加えたセットメニューも(980円)。店内も新感覚風、Due_italianncm_08531階はカウンター6席、二人用テーブル一つで計8席、螺旋階段を上るとテーブル席14席、外にはテラス席5席、狭い店内でも27人は入れるみたい。この日は昼も遅い時間帯だったけれど、ポツリポツリ。テラスには仕事仲間の男性3名と他の若い男性、1階のテーブルには若い女性2名とカウンター席の筆者、そして2階に行った家族風女性3名がこの時間帯の人の入り、併せて10名。従業員は男女各2名、みなさん若い。もう少し明るく活発な方が客受けするはず。
女性が喜びそうなヘルシーメニューが充実しているが普通のラーメン店より値段は高め。Due_italianncm_0854手間暇省きか券売機設置がラーメン店の情緒を誘うのだった。無国籍ラーメンが流行る予兆ー。それにしてもこの辺は昔どういうところだったか興味深いが、今は三井系の再開発エリアかも。JR新橋駅と浜松町駅の中間地域だ。Ncm_0857_2

港区東新橋2-9-6 SANビル1F TEL : 03-3436-5337 営業時間 : 月曜-土曜 午前11:00-午後10:00 日曜 午前11:00-午後7:00 定休日なし。本店は麹町、吉祥寺店もあり。
東新橋汐留『ドゥエイタリア』①スープ★★☆②麺★★☆③トッピング★★☆④接客・雰囲気★☆価格★☆

« 超人のジャーナリスト・アイ 154 スウェーデンの小さな新聞から最新ニュース | トップページ | 超人のニューヨーク訪問記 2013年初夏 43 ニューヨークの大学など ニューヨーク大学 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人のジャーナリスト・アイ 154 スウェーデンの小さな新聞から最新ニュース | トップページ | 超人のニューヨーク訪問記 2013年初夏 43 ニューヨークの大学など ニューヨーク大学 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31