« 超人のニューヨーク訪問記 2013年初夏 32 『MoMA 近代美術館』 | トップページ | 超人のニューヨーク最初の訪問記 1987年年末のノートから »

2013/08/15

超人のニューヨーク訪問記 2013年初夏 33 『NEW MUSEUM』

Img055_4


ロウアー・イーストに箱が幾重にも重ねて建っているような美術館、それが2007年にリニューアルオープンした『NEW MUSEUM』。設計は日本人建築家ユニットのSANAA(妹島和世+西沢立衛)が手がけ、外観がとてもユニークですが、そればかりではありません、若手アーティストの発表空間だけあって、展示されている作品もど肝を抜かれる斬新さです。筆者あたりの感性では捉えにくい作品が並んでいました。閉館間近に入館したので少し駆け足で鑑賞しましたが、そのせいだけではないでしょう、頭が痛くなりかけました、それこそ、私はだあーれ、ここはどこ、みたいな不思議な感覚に襲れました。常設展なしの現代美術作品が中心です。1階がギフトショップとオーガニックのカフェ、2階〜4階までが作品展示室になっていました。2階でしたか、何もないスペースがありました。透かさず警備員が只今次の展示の準備中と言ってきましたのには笑えました。この時間帯でしたから人は疎らでした。入場料は14ドルでした。


May―June 2013 
NEA 4 IN RESIDENCE
During the culture wars of the early '90s, the work of four solo performers, funded in party by the US goverrment, came under attack for the frank treatment of themes of gender, sexuality, subjugation, and personal trauma. In 1990, works by Karen Finley, John Fleck, Holly Hughes, and Tim Miller(aka the NEA 4) were defunded by the National Endowment for the arts to include considerations of general standards of decency and respect for the diverse beliefs of the American public.......

Ncm_0784Ncm_0787Ncm_0788Ncm_0789Ncm_0791Ncm_0795Ncm_0796Ncm_0798Ncm_0801Ncm_0802Ncm_0805Ncm_0806_2

Ncm_0807_2

【写真真上 : エレベーターの中にあった各階の表示】

帰り際に見つけた交差点脇の壁に描かれた街中の絵(ポパイの絵でしたか)のほうがとても解り易かったです!


« 超人のニューヨーク訪問記 2013年初夏 32 『MoMA 近代美術館』 | トップページ | 超人のニューヨーク最初の訪問記 1987年年末のノートから »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人のニューヨーク訪問記 2013年初夏 33 『NEW MUSEUM』:

« 超人のニューヨーク訪問記 2013年初夏 32 『MoMA 近代美術館』 | トップページ | 超人のニューヨーク最初の訪問記 1987年年末のノートから »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31