« 超人の面白ラーメン紀行 171 新横浜ラーメン博物館内 ロサンゼルスのラーメン店『IKEMEN HOLLYWOOD』 | トップページ | 超人のドキッとする絵画 22 六本木 森美術館『ミュシャ展』 »

2013/04/28

超人の面白ラーメン紀行 171 新横浜ラーメン博物館内 ロサンゼルスのラーメン店『IKEMEN HOLLYWOOD』 続

Ncm_0640_2

新横浜ラーメン博物館に来たのは10年振りくらいか。館内はラーメンブーム(仕掛け人はここか、否長年丁寧にご当地のラーメンを紹介してきた実績があったからこそ浸透した。だからラーメンブームの波にも驚かない。今やラーメンは日本の食文化の一端を担っている)にあやかってか以前と比べると格別にビジネスモード全開の感じだ。驚くなかれ、異空間のなかで人の渦が所狭しと動いている。熱気もある。ゴールデンウィークの初日、ここへ来る途中の住宅街はいやに静かだったが、ラー博に入って一変した。人がすごい、しかも若者が大半、若い女性もいる、家族連れやカップルも、もちろん中高年はポツリポツリ。ここ最近のラーメンブームを支えているのはこういった若者なのかと合点がいった。早速館内に入るとすぐに、二階の店舗を見て回った。その後一階のDIP RAMEN『IKEMEN HOLLYWOOD』の前で並んだ。すでに25人位が並んでいた。隣接するラーメン店でも並んでいる。昭和の時代を再現した薄暗い空間では雲の流れも見える青空がリアルで印象的、何度も見上げて仕舞いにはパチリと写真に収めたほど。Ncm_0637券売機でつけ麺「IKEMEN DIP」(850円)を購入して待つこと20分、前に並んでいた若者6人衆を飛び越えて先にカウンター右端に座らせてもらった。Ncm_0636店員の指示に従えば本当は真ん中だったが居心地が悪そうなので右端に。注文の品が出てくる間店内と厨房を一瞥、黒人さんがオシャレな服装でもう一人の日本人スタッフとスタンドバイしていた。それに女性も黒シャツに赤白のネクタイの大人張りで注文対応に忙しそうだ。厨房では忙しく動き回っているスタッフたちのいでたちがすごい、黒のツバヒロハットを被った黒装束姿。開店して三日目、緊張感がピークになる頃、オーナーらしき男性の眼の動きが鋭くなる中、客の注文にトラブル場面も。そうこうしているうちに注文の「IKEMEN DIP」が供された。意外と早かった。運んできたのは例の黒人さんがではなく日本人の男性だった。見た目は色鮮やかで食欲をそそりそう。しかもどこか異国風。それは色合いを見れば一目瞭然。器は小さな黒塗りの釜系を使用。例によってスープを一振り、まろやかさ二倍、イタリアンの上品な味わい、美味。普通のつけ汁は鰹出汁が濃厚だがここには存在しない。そのウマミ成分は豚骨スープ、バジル、松の実、オリーブオイルそれにチーズをブレンドしたものらしい。一口では当てにくいブレンドの妙味だが素材をうまく引き出している。まろやかさはチーズが入っているからか。プカプカ浮かんでいるトマトも柔らかだ。惜しいかな、些か温いのが致命的だ。これはアメリカンスタイルの特徴?それともスープをうまく保つコツ?次に麺、太麺ストレート系でモチモチ感たっぷり、しかも卵をふんだんに使用しているのか黄色が目立っていた。パスタを食べているような不思議な食感。つけ汁につけてスルスルと啜るも、気がつけば多少器から漏れている、急いで器に入れ直してまた啜った。トッピングはシンプルで炙りチャーシュー2枚それにほんの一口程度添えたみず菜。このチャーシューは薄いが柔らかくしかも多少歯ごたえもある。うまく焼くものだ。それとも肉が良いか。完食。珍しく空腹だったせいか少し物足りなさを感じた。もう一つの看板メニュー「GHOST BUSTER DIP」(900円)を頼んでいた人も。豚骨スープ、生クリーム、トリュフオイル、ソテーしたマッシュルームが中身らしい。マッシュルームをバーナーで炙る客席でのパフォーマンスもこの目でも見た。さらに「BONITO RAMEN」(750円)もある。424163_5鶏ベースのスープに削りたての枕崎産鰹節をふんだんにトッピングしたもの。【この写真はネットから】この逆輸入のラーメン店は、何せまだ開店ほやほや、客の反応などが気になるが、斬新なチョイワル風のいでたちで明るい雰囲気を演出している。店内に飾られている英語のメッセージやメニューも刺激的だ。ここはアメリカンスタイルで主張。それにしても少し可笑しかったのは店員がイケメン、イケメン、お願いしますと客の注文を捌く声だった・・・。Ncm_0638
今やラーメンは新感覚時代へ、アメリカンスタイルでも十分イケるのだ。この店はそれを証明している。見た限りでは流行る予感 ? ある若い女性二人組は、ここ何?アメリカから出店した店ですとラー博のスタッフが説明していた。えっ、えぇ、だって。オドロキを隠せなかったようだ。
帰り際ラーメンのお菓子をはじめ麺、スープ、チャーシュー、どんぶり、はし、寸胴のラーメンアイテムなど、もちろん有名ラーメン店の生ラーメンや即席麺も売っているミュージアムショップで中村屋ラーメン(ここの店主が『IKEMEN HOLLYWOOD』出店のアドバイザーだとか)と大砲ラーメンの即席麺を買い込んで退散。その間約50分。今ラーメン博物館が面白い。
横浜市港北区 新横浜ラーメン博物館内 ロサンゼルスのラーメン店『IKEMEN HOLLYWOOD』①スープ★★☆②麺★★★③トッピング★★④接客・雰囲気★☆⑤価格★★

Ncm_0641

因みに、新横浜ラーメン博物館で只今『IKEMEN HOLLYWOOD』以外に出店中のラーメン店。山形県赤湯 龍上海本店、埼玉県川越 頑者、博多 麺の坊 砦、宮城県気仙沼 かもめ食堂、熊本県こむらさき、北海道札幌 すみれ、神奈川県横浜 支那そばや、東京 二代目げんこつ屋。

« 超人の面白ラーメン紀行 171 新横浜ラーメン博物館内 ロサンゼルスのラーメン店『IKEMEN HOLLYWOOD』 | トップページ | 超人のドキッとする絵画 22 六本木 森美術館『ミュシャ展』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超人の面白ラーメン紀行 171 新横浜ラーメン博物館内 ロサンゼルスのラーメン店『IKEMEN HOLLYWOOD』 | トップページ | 超人のドキッとする絵画 22 六本木 森美術館『ミュシャ展』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31