« クロカル超人の面白読書 99 三瓶恵子著『人を見捨てない国、スウェーデン』 | トップページ | 超人の面白読書 99 三瓶恵子著『見捨てない国、スウェーデン』 3 »

2013/03/30

超人の面白読書 99 三瓶恵子著『人を見捨てない国、スウェーデン』 2

本書は中高生向けにやさしく書かれた本だが、なかなか内容は濃く大人が読んでもためになる。現在のスウェーデンを子どもたちの暮らし振りを通して紹介した本で、ここには現在のスウェーデンの学校生活や家庭生活がリアルに描かれている。しかもビジネスコンサルタントの著者らしく、最新の統計資料を駆使して分かり易く分析し解説している。最近特に感じることことだが、スウェーデン情報がリアルタイムで入って来るようになって、よりスウェーデンが身近になったと同時に、物怖じしないスウェーデン在住の人たちが文化関係だけではなく、それこそ著者もそういう人たちに入ると思うけれども、看護士だったり、福祉関係の人たちだったりと社会の様々な領域に進出しスウェーデン社会に溶け込んで逞しく生きている。そのバイタリティーは見上げたもので、筆者などはただただ驚くばかり。筆者もその昔”Sweden now”(fact on Swedenだったか)なる小冊子をスウェーデン本国から送ってもらったりして当時のスウェーデンの事情を 学んだものだ。本書を繙いてみてその隔世の感を思うのだ。最新の統計資料を使って描くスウェーデンの社会は、日本の現在の社会と較べると、やはり基本的な考え方からして違うことを具体例を示しながら教えてくれる。それはスウェーデンの歴史的地理的な条件と密接に関わっており、政治が民主主義の手続きを踏まえて社会の諸問題を解決し、改革を推し進めている結果に他ならない。また、スウェーデンは社会民主党の政権が長かったことも起因しているはずだ。迫り来る増税の日本ではあるが、スウェーデン人は高い税金を払ってその代償に意義を見出している。その基本的な考え方は一人のためではなく多数のためにである。〈つづく〉

« クロカル超人の面白読書 99 三瓶恵子著『人を見捨てない国、スウェーデン』 | トップページ | 超人の面白読書 99 三瓶恵子著『見捨てない国、スウェーデン』 3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« クロカル超人の面白読書 99 三瓶恵子著『人を見捨てない国、スウェーデン』 | トップページ | 超人の面白読書 99 三瓶恵子著『見捨てない国、スウェーデン』 3 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31