« 超人の面白TV 映画鑑賞 『フラガール』 | トップページ | クロカル超人が行く 173 町田市旭町『にほんいち醤油 岡直三郎商店』 »

2013/02/25

超人の面白ラーメン紀行 168  千代田区淡路町『麺巧 潮』

東京メトロ淡路町駅から徒歩2分のところにある、去年9月にオープンした『潮』。この日は自転車でかけつけたが、慌てたのか鍵を忘れてしまい駐輪が気になりながらのラーメン食べとなった。実はこの店を知ったのはテレ朝の深夜番組のラーメン特集でだった。かつてカタゴリー的にはここの店と似ているラーメンを大阪道頓堀で食べたことがあったが、やはりラーメンの概念を破壊するパワー(ソフトパワー的だが)といいバラエティーといいこちらの店の方がかなり進化しているかも知れない。
店には午後2時前に入った。4人並んでいたが5分くらい待ってカウンター席に着けた。店の前に置かせてもらった自転車を一瞥しなが鶏白湯そば(白)840円を注文。メニューはこの他ににほんいち醤油そば840円のみで極めてシンプル。配膳しますから少しお待ちくださいと店の男性。トレーの上にレンゲをセットしてカウンター席に置いた。6、7分後注文の鶏白湯そばが登場。これはこれは西洋系のパスタ的で、今までのラーメンとは違っていた。進化したラーメンと言われる所以か?スープを一啜りすると、あっさりとしているがまろやかな味わい、さながらイタリアンのカルボナーラ風で、動物系スープに一工夫を施している感じだ。次に麺、ストレート細麺が思ったよりやわらかくもちもち感もあった。独創的な肉巻きアスパラ、カリフラワーなどのトッピングが目を引いた。パンチはないが身体に優しい野菜系、アスパラ、カリフラワーとも茹で具合はまあまあ、ラーメンのトッピングに合うとはー。ヌーボーラーメンといったところか。しかし、隣でラーメンを食していたOL風の女性はにほんいち醤油そばをおいしそうに食べていた。筆者的にはどうもミルキー系は合わないみたいで、むしろ醤油系が良いかも。近いうちににほんいち醤油そばをぜひチャレンジしてみたい。店はカウンターとテーブル席を合わせても12席の小さな店だが小綺麗で人の応対もいい。ラーメンを食べ終わったて行く客に、ありがとうございました、行ってらっしゃいと優しく声をかけるのを忘れない小さな行為かもしれないけれども、商売の原点を見た思いだ。

千代田区淡路町『麺巧 潮』1.スープ★★2.麺★★☆3.トッピング★★☆4.接客・雰囲気★★★5.価格★★

Ncm_0591


« 超人の面白TV 映画鑑賞 『フラガール』 | トップページ | クロカル超人が行く 173 町田市旭町『にほんいち醤油 岡直三郎商店』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 168  千代田区淡路町『麺巧 潮』:

« 超人の面白TV 映画鑑賞 『フラガール』 | トップページ | クロカル超人が行く 173 町田市旭町『にほんいち醤油 岡直三郎商店』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31