« 成人式の日に初雪 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 165 京都木屋町『門扇木屋町店』 »

2013/01/22

超人の短歌鑑賞 与謝野晶子 未発表? 16首発見

生れたる日をば悲しと何の云ふ一萬日の時の語れる

わが世をばうちまどふしきりにも續きし頃のおぞましき日記

髪よりも静かなるなし夕ぐれの山の色よりみづうみよりも

街行けば涙ぐまるおもひでの必ずわきぬまづしきがため

上記は未発表とみられる与謝野晶子の短歌。1月9日付毎日新聞夕刊の記事。詩人で随筆家の薄田泣菫に送った与謝野晶子の短歌103首の直筆の原稿用紙12枚が発見され、うち16首が未発表らしい。その一部が上記。遺族が寄贈した倉敷市から依頼調査を受けた就実短大准教授の加藤美奈子氏が確認した由。様々な思いが過ぎっているー。

この毎日新聞夕刊社会面右側には、東日本大震災で書店を失って再建した、岩手県大船渡市の書店「ビックボーイ」の奮戦記事。大昔仕事で訪問したかも。当時としては横文字の書店は珍しかった。確か駅前にあって、入ると学年誌が所狭しと平積みしてたね。大船渡市の書店「ビックボーイ」さん、頑張って下さい。陰ながら応援しています。

« 成人式の日に初雪 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 165 京都木屋町『門扇木屋町店』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の短歌鑑賞 与謝野晶子 未発表? 16首発見:

« 成人式の日に初雪 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 165 京都木屋町『門扇木屋町店』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31