« 超人の面白スポーツテレビ観戦 ロンドンオリンピック雑感 ほんの少し最新情報を加えて 4 | トップページ | 超人の面白読書  95 ノルウェーのベストセラー作家 カール・イヴェ・クナウスゴルドの最新作『Min Kamp』(English title : My Struggle)“わが闘争”の紹介あるいは書評を読む »

2012/08/15

超人の美味しい食べ物 九州の駅弁ランキング第一位 有田焼カレー

Ncm_0120

Ncm_0122

Ncm_0123

今九州の鉄道が面白い。ジャズの名曲、”A列車で行こう”と名付けられた熊本発天草行特急列車の車内にはバーカウンターがあり、また車内ではジャズが流れ、乗客の中高年たちを楽しませている。また、阿蘇を走る特急列車は幼児向けのプレイランド搭載列車だ。九州新幹線の車両にも和を取り入れた魅力的かつ斬新な仕様・仕掛けが施されている。事業の収益に向けて知恵を絞った結果だが、やればできるという典型だろう。そして鉄道には駅弁がつきもの、ここにもニユーウェーブが起きていて人気が出ているらしい。もちろんテレビやインターネットの影響があるのも事実。
その九州の駅弁ランキング第1位が有田焼カレー(1500円)。ギャラリー&カフェレストラン「創ギャラリーおおた」(〒844-0027 佐賀県西松浦郡有田町南原甲444 電話0955-42-4275 ファクス0955-42-6374 http://shop.sagafan.com/oota/)製造のカレーと陶器のコラボ。筆者がゲットした有田焼の絵柄はぶどう。今日の昼ご飯がこれ。遠く佐賀県有田町からクール便で送られてきたものだが、電子レンジで3分位温めて食した。美味!28種類のスパイスが入っている云々で味は濃厚、甘さに辛さが加わり、深みのある、まろやかな優しい味わい。色も濃い、トッピングのチーズの加減も程よい、とほとんど褒め殺しのコメントだが、欲を言えば、大人的にはもっとスパイシーの方がよいかも。急いで付け加えると、色ももう少し黄色系がいい。実はどんぶりの有田焼も魅力的でテレビで観た時から欲しかったのだ。新宿の伊勢丹でも購入できるらしい。それと最新情報では、東京駅地下街の新設全国駅弁コーナーでも買えるみたい。
・有田焼カレー ★★☆(器の分が入っているからかちと価格が高い。カレーは庶民の味方のはずだが)


        Ncm_0129_2

        器に描かれたぶどうの絵が有田の風情を醸し出している。
        名状し難い曲線は遥か山々の尾根にも見え、その尾根伝い
        に歩く人々を想像してみたくなる。そこには不思議な形状の
        美しさがある。また、大きさや重量といい、実用の手解きに
        ほどよく合うのだ。色彩豊かな漬物の盛り合わせを入れて
        しばし愉しむのも良い。食材を替えて何度でも味わえる、言
        わば、魔法の器なのだ。

                有田焼カレーの味に晩夏の色

追記。22日の昨日東京駅構内の新しくできた店を覗いてみた。駅弁売り専門店だが有田焼カレーはなかった !
そうすると残るは大丸松坂屋で1000種類を揃えて新規オープンした弁当売り場に行くことになるか。なにせ弁当1箱7800円の弁当もあるという・・・。

« 超人の面白スポーツテレビ観戦 ロンドンオリンピック雑感 ほんの少し最新情報を加えて 4 | トップページ | 超人の面白読書  95 ノルウェーのベストセラー作家 カール・イヴェ・クナウスゴルドの最新作『Min Kamp』(English title : My Struggle)“わが闘争”の紹介あるいは書評を読む »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人の面白スポーツテレビ観戦 ロンドンオリンピック雑感 ほんの少し最新情報を加えて 4 | トップページ | 超人の面白読書  95 ノルウェーのベストセラー作家 カール・イヴェ・クナウスゴルドの最新作『Min Kamp』(English title : My Struggle)“わが闘争”の紹介あるいは書評を読む »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31