« クロカル超人が行く 162 横浜・吉田町『濱新』 | トップページ | クロカル超人が行く 163 谷根千あちこち 2 »

2012/05/02

クロカル超人が行く 163 谷根千あちこち

「ひまね」じゃないよ「しまね」だよ、「リョーマ」の休日。島根県と高知県の観光キャチフレーズが面白い。変われば変わるものだと感心するほど。これは今朝のみのもんた司会の「朝ズバッ」の一コマだ。このゴールデンウィークは2200万人移動で一人33000円使う勘定だそうだ。

4月30日のゴールデンウィーク2日目に出かけた。場所は安・近・短の典型、東京は下町、谷根千など。今回は会話編でお届けしたい。

筆者とK子との会話。

「どこいくの?」
「わかんない」
「ひょっとしたら、足尾どうざん」
「何、それ、行きたくなーい!」
「じゃ、ともかく、東京方面や」
「最近オープンした駅ナカの、あんぱん屋」
「丸の内のイタメシ」
「昨日スパ食べ過ぎたから、パス」

この後二人はともかく電車に乗った。

「山手線で有楽町駅だな」
「どこいくの?ま、いいか」
「熱狂の森」
「それって、なぬ?こんなところにそんな森あんの、ウッソー」
「クラシックのリーズナブルな祭典や、今年はロシアあれこれや」
「チケットの予約に、立ち寄りや」
「チミも行く?」
「パス!」
「バスと聞こえたよ」

この後二人は三菱村→高級ブティック街→工事中の新東京中央郵便局→改築中の新東京駅へ。そして千代田線二重橋駅へ。

「どこいくの?」
「根津、千駄木、谷中」
「えっ、」
「つつじで有名な根津神社にお詣りや」
「ウッソー、お詣りしたことないくせに!」
「最近はなんでも神頼みや」
「しゃーないな」

根津駅下車。

「京都の漬物屋のデモ、お茶屋に雑貨屋八百屋、ええと、わかなくなっちゃた、多くて」
「このデカサイズのコーヒーカップの焼物、いいね、渋い緑の色合いサイコー」
「誕生日プレゼントに買ってあげるよ」

信号を左折してフリーマーケットっぽい通りを過ぎると根津神社。201204301114000_4「早く歩かないでよ」
「チミが遅いじゃん、ババたちを避けて行かなくちゃ、エネルギーいんのよ」
「ゴンギツネの根津神社到着!いやに赤いね」
「つつじの写真撮っちゃうかな。つつじの中にいるおじさん、邪魔、民家があるって、幻滅、はずしちゃおーっと」

デジカメのパチリとした音のあと、

「撮れたけど、電池がもうないっ」201204301116001

「おバカ、喝 !」

「つつじ見の入口に来たけどぉ、入る?200円、高い、パス!」

境内の左側に並ぶ露天。

「このつつじ、きれい」
「なんぼ、62000円、売約済みや!」(つづく)
201204301117000_3

« クロカル超人が行く 162 横浜・吉田町『濱新』 | トップページ | クロカル超人が行く 163 谷根千あちこち 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 163 谷根千あちこち:

« クロカル超人が行く 162 横浜・吉田町『濱新』 | トップページ | クロカル超人が行く 163 谷根千あちこち 2 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31