« 超人の面白読書 92 井上理津子著『さいごの色街飛田』 7 | トップページ | クロカル超人が行く 163 谷根千あちこち »

2012/04/30

クロカル超人が行く 162 横浜・吉田町『濱新』

Card_tenpo_2
金曜日の夕方「仲間」4人とふぐ・うなぎ・関外料理の店『濱新』に入った。4人の関係はすてきな「仲間」としておこう。伊勢佐木モール入口を入ってすぐ角の珈琲豆店『南蛮屋』を右折してほんの数メートル行った、柳が見える辺り。そこが『濱新』。木の温もりが歴史を感じさせる、モダンな店内、階段を上って2階の左側奥の部屋へ。畳の匂いが残るシンプルな部屋で思わず京都の祇園で食べた居酒屋を思い出した。創業昭和4年と古い、ふぐ・うなぎの老舗である。
早速ビールで乾杯、まずは鰻の肝他の前菜、珍味かつ精力がつきそうな一品料理だ。美味。ビールによく合う。が、年配のM先生が気遣って日本酒冷や、久保田千寿(1500円)と八海山を頼んでくれた。これで一挙に日本酒に傾き、話はM先生の独特な語りが奏功して笑いの渦に。大学研究者の世話ばなしやバスで行く小江戸(川越)巡り計画なども話題に上ったが、何と言っても、やはり珍道中だった佐渡行の話で盛り上がった。炊き上がらないご飯処理の話、早業蒲団取り替え作業、五右衛門風呂に毛が浮いていた話、蟹事件、民宿主のご立腹の話、北前船での昼寝、見舞い客不明と花束顛末などてんこ盛り。刺身盛り合わせ(美味)、特別メニューのふぐの唐揚げ(美味)、メインディッシュの鰻重そしてスイカ他のデザートが供された。その間お酒はヒレ酒に変わった。このヒレは、すてきな「仲間」の一人の手塩にかけて出来上がっているとの話が効いたか、お代わりするほど美味しかった。季節外れでもイケたのだ。特記すべきは鰻重。関東風の焼いた鰻の上に関西風のあっさりしたタレ、さらにお米の上品さが加わって重層感たっぷり。至福の時だった。竹コースだったが、予算は大分オーバーしてしまった。もう少し安価であって欲しかった!
横濱らしい田楽うなぎ、豊後のとらふぐ(季節料理)、うなぎのオムライス、P010593818_238_2P010593817_238_4うなぎ蒲焼の名物料理からリーズナブルな昼メニューの色々。焼き魚、厚焼き玉子、うなぎ料理各種が850円から1300円。
1階は落ち着いた雰囲気のカウンター席とテーブル席。特別な日にご馳走をと家族連れが来るのか、接待族か、はたまた昼定食目当てのサラリーマンか。何れにせよ、老舗の貫禄たっぷりの店だ。
営業時間:昼11:30〜15:00夜18:00〜22:00(日曜日は17:00〜21:00)定休日:月曜日 住所:横浜市中区吉田町3-1 電話045-251-0039
2階は要予約。【写真左上 : 『濱新』のWEBサイトから 写真右上 : ホットペーパーサイトから】

追記。M先生はその日買ったばかりのデジカメを持参していた。すてきな仲間をパチり、刺身をパチリ。しかし肝心の鰻重が撮れたかは定かではない。みんな食べるのに夢中だった…。筆者はなぜか集合写真1枚のみ撮った切り。
(2012.5.1 記)

« 超人の面白読書 92 井上理津子著『さいごの色街飛田』 7 | トップページ | クロカル超人が行く 163 谷根千あちこち »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 162 横浜・吉田町『濱新』:

« 超人の面白読書 92 井上理津子著『さいごの色街飛田』 7 | トップページ | クロカル超人が行く 163 谷根千あちこち »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31