« 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 37 | トップページ | 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 39 »

2012/01/12

超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 38

私の一番の得意科目は地理と歴史だった。助教師のブレマンがこれらのクラスを教えた。血色が良くエネルギッシュなブレマンは若者でそのストレートでブロンドの髪は、よく怒ったとき端に寄る傾向があった。彼は善良な人で私は好きだった。私が書いた作文はいつも地理や歴史ものだった。長かった。これを考慮に入れながら、私は大分後に別の南ラテン中学校の生徒、ボー・グランディエン(詩人でジャーナリスト)からある話を聞いた。ボーは後に私の親友になったが、彼が話してくれたことは、お互いに知り合う前の早い時期だった。彼が言うには最初私の名前を聞いたのは、休み時間中で私の級友たちとすれ違ったときだった。彼らは自分たちの作文を返され点数に不満足だった。ボーは「トラナンのように早くすべては書けない」(*トラナンは鶴の意)との不満げな意見を聞き、「トラナン」は忌まわしい鳥で避けるべきだと決めた。私にはこの話は見方によれば気持ちのいいものだ。今日欠陥品でよく知られているが、私はその時量産する走り書き手で有名だった。文字通りスタハノフのような過度に生産して罪をつくったのだった。

« 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 37 | トップページ | 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 39 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 37 | トップページ | 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 39 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31