« 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 35 | トップページ | 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 37 »

2012/01/09

超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 36

雨が降り注ぐような平手打ちをくわされた。私はあざけり笑った。次の瞬間モッレが机に戻り座っていた。怒りで泡を吹きながら家庭用のメモを書き出していた。「授業中の小さなミス」だったと責め立て、やや曖昧に表現していた。多くの教師は家庭用のメモがあれば両親の手元に詳しい罪に対する質問や罰を知らすことが出来たのだ。
私に関してはそうではなかった。母が私の話を聞いてからノートに署名した。その時母が私の顔に青あざを作っているのに気づいた。担任の愛の手の仕業だ。母の反応は意外に強かった。学校に連絡しようと母が言った。多分校長に電話するのだろう。
私は抵抗した。母はそんなことはできなかった。すべてを承知していた。しかし今は「醜聞」を恐れた。私は「母が教師の子ども」と呼ばれずっといじめられるはずだ。担任のモッレではなく職員全員に。


« 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 35 | トップページ | 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 37 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 35 | トップページ | 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 37 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31