« 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 32 | トップページ | 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 34 »

2011/12/28

超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 33

たくさんの盗難品が詰め込まれた彼の家で、私は剣で決闘をしたはずだ。私たちは共にリドダールホルメンの秘密の場所にある遺跡の掘り起こしを実行したのだ。私は何とか骨格のかけらを回収することができた。私はそれを知り合いの歯科医に見てもらった結果、その骨が人骨の一部と判明したのだ。私が友達としてパッレを持ったことは良い経験だったが徐々に離れていった。加えて彼は病気のために長い間学校を休んだ。他のクラスに移った時に私たちは離ればなれになった。私の古い友達は本当に遠くに行ってしまったのだ。その表情は蒼白く深刻だった。彼はたまに一つの足を切断されたまま学校に来ていたのだ。その表情は青白く深刻だった。彼が死んだ時私は受け入れることができなかった。私は良心の呵責を感じたが認めることができなかった。私は酷いものと思った。私と同い年で45年前に死んだのだ。しかしながら、まとめて言われる“昔の人たち”、年老いた教師は、今これを書いている私と同じ年齢にもかかわらず私の記憶の中では昔のまま残っている。私たちはいつも年より若いと思っている。私は木がその年輪を刻むように自分も早い面を内に持ち込むのだ。それを総決算をするのは“自分”に他ならない。鏡は自分自身の最新の顔を映し出すだけだが、それは全て以前のものなのだ。

« 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 32 | トップページ | 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 34 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 32 | トップページ | 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 34 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31