« 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 22 | トップページ | 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人のトーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 24 »

2011/12/02

超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 23

私と近しい人たちから曖昧でない支持を期待した。私たちが叔父のエロフと叔母のアグダを訪ねたある夕方、ニュースに興奮した日頃は無口な叔父が、「イギリス軍はうまく撤退している…」彼は皮肉な低い声を交えながら少しがっかりしたと言った(概して皮肉は彼には相容れなかった)。私は突然引きつめられる恐ろしさを感じた。歴史の連合国解釈は疑問視されなかったのだ。私は慰めるため屋根の灯りをじっと見つめていた。それはイギリス人の鉄のヘルメットだったがスープ皿のようだった。
日曜日にはよくエーンシェデの母方の叔父や叔母と食事をした。彼らは離婚後母親の代理人的役割を担っていた。BBCのスウェーデン語ラジオ放送を捻ればイギリスの儀式の番組だ。私はその番組のオープニングの派手さをずっと覚えている。最初勝利のシグナル、その後署名チューニング、それからパーセルのトランペットボランタリーと思われる曲が流れ、実際はジェレミア・クラークによるハープシコードのやや膨らんだアレンジ曲だった。アクセントに微妙な違いがあるアナウンサーの静かな声が、優しい英雄たちの世界から私に直接話かけた。爆弾が雨のように落とされたとしても、通常の仕事と分かって仕事をする英雄たちである。

« 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 22 | トップページ | 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人のトーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 24 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 22 | トップページ | 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人のトーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 24 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31