« 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 4 | トップページ | 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 5 »

2011/10/20

超人の面白ラーメン紀行 155  水道橋『面喰屋 澤』

201110191435000_2_2
JR水道橋駅から徒歩5分のところにある『麺喰屋 澤』。このラーメン店は気になっていた。この店舗で3店目、水天宮にもあるらしい。最近この界隈もラーメン店の入れ替えがあるのか改装中の店が目立ってきた。ラーメン淘汰時代?。
さて、迷った末入った。うちは豚スープがメインと最近リニューアルした店の男性。白、赤、黒とラーメンの種類がユニーク。メニューをよく見れば、あっさり、唐辛子と山椒、マー油と味変化風。初めての店は定番を頼むのが筆者の常套手段だ。白ラーメン(630円)を頼んだ。スープはあっさり系だが背脂が効いているのか意外と濃い。ニンニクを付け加えたから尚更。麺は太緬ストレート系だ。トッピングはネギ、タマネギ、シャキシャキ感のあるモヤシ、そしてトッピングの王様のチャーシュー、ボリューム満点しかも柔らか、これはイケた。しかしボリューム過ぎて残してしまった。急いで書き加えれば麺もそれなりにイケた。ラーメンの種類はそんなにない。ふと浮かんだラーメン系列は二郎系、ここから歩いて5、6分にはいつも相変わらず行列ができている「ラーメン二郎 神保町店」がある。
まだ7ヶ月、客も疎ら、これからが勝負だろう。前の店は惨敗で退場したみたい。
ラーメン店『麺喰屋 澤』1.スープ★★2.麺★★☆3.トッピング★★☆3.接客・雰囲気★☆4.価格★★★

追記。結局このラーメン店は撤退を余儀なくされた。この辺の食べもの事情は複雑怪奇。2012.2.16

« 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 4 | トップページ | 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 5 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 155  水道橋『面喰屋 澤』:

« 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 4 | トップページ | 超人の面白読書 90 ノーベル文学賞受賞者スウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏の作品を読む 5 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31