« 超人の再び外国語考 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 148 2011年ノーベル文学賞はスウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏に »

2011/10/03

超人の面白ラーメン紀行 154 平塚駅西口『やまかわ』

 201110021502000_2

 平塚ではよく見かけるラーメン店の券売機や豚骨系のラーメンはウケないらしい。これは地元のラーメン店主の話。ということは湘南のこだわり?筆者は以前にこの地で何軒かラーメン店を食べ歩いた経験があるが残念ながらイマイチだった。
 行列のできる店、醤油ラーメンの店といろいろとラーメン店を紹介してくれた知人、その結果知人の薦めで平塚駅西口改札口から徒歩2分のラーメン店『やまかわ』に入った。この地で40年やっている老舗のラーメン店だ。ごく素朴な味噌ラーメンが売りで価格も600円と安い。さて、知人とは久し振りなので、まずはビールでcheers !それからひょんなことから店主と平塚界隈のラーメン談義などが続き、肝心の味噌ラーメンを食べたのは2時間後。本末転倒である。時間が経ったからではないと思うが、麺は想定外のやわらかさ、もやし、チャーシューそれにメンマとトッピングもいたってシンプル。仙台味噌とブレンドしたスープの味噌はイケた。談義が長かったせいかラーメン周辺で終わった感じ、ラーメンそのものの集中力に欠けた。バター他材料費が上がっているのでラーメンの価格をあげたいがままならない、公共料金が値上げすればその時はそれもやもうえまいと店主。父子二人で切り盛りする小さなラーメン店も経営事情は厳しいようだ。しかしその昔行列が出来て儲かった頃もあった由。
らーめん『やまかわ』1.スープ★★2.麺★☆3.トッピング★☆4.接客・雰囲気★★5.価格★★★

追記。この2ヵ月足らずの後に店主が仕事中に死去されたと知人。心筋梗塞だった。今は子息が後を継いで頑張っているらしい。合掌。それにしても人生いろいろ―。

« 超人の再び外国語考 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 148 2011年ノーベル文学賞はスウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏に »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 154 平塚駅西口『やまかわ』:

« 超人の再び外国語考 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 148 2011年ノーベル文学賞はスウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル氏に »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31