« 超人の面白読書 89 雑誌『思想』8月号 特集 : 戦後歴史学の流れ | トップページ | 超人の再び外国語考 »

2011/09/23

クロカル超人が行く 151 小千谷市立図書館『西脇順三郎記念室』余滴

 M先生が好きな西脇順三郎の詩「冬のシャンソン」。小千谷市立図書館内の「西脇順三郎記念室」では先生自ら朗読もしてくれた詩だ。その詩を見つけに図書館に出かけた。人間の記憶はいい加減なもので『定本西脇順三郎全集』11巻とばかり記憶していて、ひょっとしたらその前に出た『西脇順三郎全集』11巻か思い直してみた。ご名答。該当の詩を見つけたのだ。そのために定本全集と全集を目次ですべて当たった。労力を要した分副産物にもありつけたのだ。「古代文学序説」と「ヨーロッパ文学」だ。前者には北欧文学の元祖的「サーガ」や「エッダ」、オーデン神の話が出てくる。山室静の世界だ。書庫から出てくる間に別の本にも当たったわけだが、英学、英文学に言及したエッセーも読んだ。幕末から明治大正と概括、明治にはドイツの法律、医学、文化に押されて英学は一時衰退したと。これからは英学ではなく英文学だと書いていたのが印象的。目次で定本全集と全集の内容を一瞥。大体の内容を掴んだが、貸出ゼロが気になった。今読んでも面白い。若い頃大分読んだ記憶があるが年月に大部分押し流されてしまったようだ。筆者の脳髄は今や化石化寸前。それでも文学全集がよく出た時期を思い出している。神田の古本屋に行けばそれなりの値段。因みに「古代文学序説」が入っている定本全集8巻は定価8600円、1994年7月20日、初版。

冬のシャンソン

ああ永遠の向こうから来る
コロキュンタンという
ひょうたんかぼちゃの類の
冬のシャンソンだ
それは平野に横たわる
陽気な死だ
ところが
自分自身の
死になると
ざまあみやがれ
その失態の責任を負うべきだ
でもそれは
ひたぶるに
うら悲しい
ただそれだけだ。

« 超人の面白読書 89 雑誌『思想』8月号 特集 : 戦後歴史学の流れ | トップページ | 超人の再び外国語考 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人の面白読書 89 雑誌『思想』8月号 特集 : 戦後歴史学の流れ | トップページ | 超人の再び外国語考 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31