« 超人の面白ラーメン紀行 151 渋谷区『中華そば 櫻坂』 | トップページ | 超人の面白読書 87 雑誌『文學界』2011 年5月号掲載の津村節子作「紅梅」を読む »

2011/07/18

超人の面白テレビ観戦 女子サッカーワールドカップドイツ大会 なでしこジャパンが初優勝!

201107180651000
 なでしこジャパンがやってくれた。FIFA2011、ワールドカップドイツ大会決勝戦で強豪アメリカをPK戦の末破り初優勝を飾ったのだ。歓喜、快挙だ。号外も出た。サムライブルーは会場のフランクフルトのサッカースタジアムの観客をまたもや熱狂的にした。ドイツ、スウェーデンを破り、今度はアメリカまで破ったからだが、それはたまたま運がよかっただけではない、確実な何かが読み取れた。決して諦めないガッツのある集中力だ。身体力は決して優っているとは言いがたい、むしろ小さな“少女隊”だが、先取点を取られても追いつくなど最後までボールに食いついていた。疲れを知らない子どもように走った、蹴ったそして何よりも守った。150分のフィールドプレーは、早く確実なパス回しからシュートに至るまである意味ではコミュニケーションのゲームでもあるのだ。それはゲーム後のインタビューに試合の勝因は、と訊かれて、ある選手がコミュニケーション力と応えていたことでもわかる。ベテラン澤選手の最後の巻き返しのシュートは鮮やか、長く記憶に残るサッカーシーンだろう。そして今大会の得点王、MVPにも輝いた。ゴールキーパーは大活躍、選手の笑顔―PK戦の前の円陣を組んでいた時の監督と選手たちの笑顔が、勝利を導いた気がしてならない。(それともPK戦は運だからと諦めての笑顔?)ラストは感動的だ。まさしくドラマチック、好ゲームだった。
 筆者も朝までテレビ観戦した一人だが、パワーをもらった。被災地の人々もパワーをもらったはずだ。ドイツはフランクフルトのサッカースタジアムの5万人弱の観客(満席)にDanke Schön !と言いたい。

海の日に
なでしこの足
冴えわたる

201107180654000

« 超人の面白ラーメン紀行 151 渋谷区『中華そば 櫻坂』 | トップページ | 超人の面白読書 87 雑誌『文學界』2011 年5月号掲載の津村節子作「紅梅」を読む »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超人の面白ラーメン紀行 151 渋谷区『中華そば 櫻坂』 | トップページ | 超人の面白読書 87 雑誌『文學界』2011 年5月号掲載の津村節子作「紅梅」を読む »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31