« クロカル超人が行く 149 江ノ島再訪 続 | トップページ | 超人の面白テレビ観戦 女子サッカーワールドカップドイツ大会 なでしこジャパンが初優勝! »

2011/07/14

超人の面白ラーメン紀行 151 渋谷区『中華そば 櫻坂』

201107131400000_4 前回の面白ラーメン紀行で次はそうだ、京都へ行こうと書いた。先週実現の運びになりJR京都駅へ。さり気なく見た駅階段のコマーシャル、コピーライターの言葉遊び、読点の妙技(10年以上続いているキャンペーンみたい!)。それで筆者も綴ってみた。

そうだ、京都へ、行こうと筆者。
そうだ京都、行こうはJR東海のコマーシャル。
京都へ“ICOKA”は関西仕様のICカード。

 さて、話はラーメンだ。今回は慌しい3日間だったので、ラーメン新規店を吟味している余裕が正直言ってなかった。立命館大学近くにある昔ながらのごく普通のラーメン店は、土砂降りのなか入ったし(取り立ててコメントするほどでもないが)、翌日打ち合わせに使った仏教大学近くのラーメン店『たんぽぽ』はすでにコラムで紹介済だ。京都は今祇園祭の前哨戦、夕方になると阪急四条烏丸駅辺りの2階からお囃子の音が聞こえていた。梅雨明け間近の天気は目まぐるしく変わる。そんな中ある若い経営者が始めた昔風の居酒屋(名前は『居酒屋新町』?4店舗あり)でラーメン談義、木屋町三条付近に『もんぜん』(?)というラーメン店があるとの情報を店の人からゲット。京都の郊外でやっている店の支店とか。時間がなく寄れなかったがおまけが。店で働いている美系ピチピチ娘さんが(O大学生でアルバイト)、筆者が教えたラーメン店『たんぽぽ』に早速行ってみますと言ってくれた。
 さてさて、京都から渋谷へだ。暑い暑い、炎天下はつらいがそれより何より街が忙しく変わり始めているのだ。表情が捉えにくくなっている。若者の進化のせい?あの路地この路地は―。桜丘町にあるラーメン専門店『櫻坂』で食べた。カウンター10席と壁席5席の計15席、甕の椅子は独特だ。早速券売機でラーメン(700円)を頼んだ。これは初めて入るラーメン店では常識だが、店によっては目玉商品が後出しだったりするから要注意である。中華そばと謳っているだけあってカツオ粉のスープが効いていた。醤油味でまろやか。残念ながら味にオドロキがなかった。むしろここから近いラーメン店『はやし』の方が味に変化が。やや太緬ストレート系、柔らかなチャーシュー、メンマに刻みネギ、茹で玉子とどんぶり中はいたってシンプルな構成だ。量も適量。一応完食。高校生が5名、カウンターを占領してアメリカ合衆国の大統領は誰?ブッシュの前、いきなりケネディまでさかのぼっていたが、誰が正解か盗み聞きの筆者には解らずずまい。ラーメンの他にこの店の主力商品桜焼豚塩そば、つけ麺などがある。店内にはジャズが流れていた。
渋谷区『櫻坂』。1.スープ★★☆2.緬★★☆3.トッピング★★4.接客・雰囲気★☆5.価格★★☆
201107131410000_2


« クロカル超人が行く 149 江ノ島再訪 続 | トップページ | 超人の面白テレビ観戦 女子サッカーワールドカップドイツ大会 なでしこジャパンが初優勝! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 151 渋谷区『中華そば 櫻坂』:

« クロカル超人が行く 149 江ノ島再訪 続 | トップページ | 超人の面白テレビ観戦 女子サッカーワールドカップドイツ大会 なでしこジャパンが初優勝! »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31