« 3月の詩 原発 iranai | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 137 雑誌「ニューヨーカー」最新号日本特集“JAPAN CRISIS ”を読む »

2011/03/29

超人の面白ラーメン紀行 144 神田神保町『肉そば総本山けいすけ 神保町』

201103291324000

 『肉そば総本山 けいすけ 神保町』は出来て1ヶ月半の店。以前は確か定食屋さんだったところ。この辺はラーメン店が多いがまた、新旧交代も激しい。湯島店に続いての出店らしいが、すでに毎日のように行列ができている。筆者は東大前にある『けいすけ』は知っていた。この店の名前がバラエティーに富んでいて少し面食らうこともしばしば。成り立ちやその後の暖簾分けに何かあるのかしら。
 ともかく並んで入った。ラーメン店で初めて見たタッチパネル形式の注文方式、ラーメン店も進化しているのだ。醤油か味噌味か迷ったが、50円高い肉そば味噌、730円に決めた。カウンターのほぼ中央に座った。コの字型のカウンターは18人掛けで満席。ラーメンを啜る音があちこちから聞こえてくる。学生、サラリーマンが多いが、意外と女性客がいた。厨房も9人中3人は女性だ。威勢がいい。注文のラーメンが出てくるまで柴漬けを一口。そうこうしているうちに肉そば味噌が登場。生姜香味を溶かして一振り、濃い味の味噌だ。薄切りで柔らかな肉が麺が見えないほどたっぷり、その肉を掻き分けてやや黒っぽい独特な麺をすくい上げた。歯応えがいい。ネギやメンマもいい。しかし筆者には肉が多すぎ味噌味が濃過ぎた。
 メニューは看板の肉そば醤油(680円)、肉そば味噌(730円)、肉そば塩(680円)、大盛は100円増し、極みは200円増し。営業時間11:00〜23:00。年中無休。
店内には東京駅地下街に4月8日オープンする「東京ラーメンストリート」の案内。『斑鳩』他9店舗が軒を並べる。もちろん『けいすけ』も。
『肉そば総本山けいすけ 神保町』1.スープ★★☆2.麺★★☆3.トッピング★★★4.接客・雰囲気★★5.価格★★☆

« 3月の詩 原発 iranai | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 137 雑誌「ニューヨーカー」最新号日本特集“JAPAN CRISIS ”を読む »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 3月の詩 原発 iranai | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 137 雑誌「ニューヨーカー」最新号日本特集“JAPAN CRISIS ”を読む »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31