« 超人の面白読書 81 『A Public Space 』12号最新号を読む 2 | トップページ | 超人の面白読書 82 「文藝春秋」2011年3月号掲載の第144回芥川賞受賞作 西村賢太作『苦役列車』を読む »

2011/02/17

クロカル超人のグルメの話 カツオ 14  2011年新物

 富山県氷見市では例年なく鰤が豊漁で、鰤1本2万円がが飛ぶように売れていると2ヶ月前位にテレビが報じていた。しかし、庶民にはほど遠くその手の鰤を近くのデパ地下で見かけていない。あるのは養殖の鰤1パック380円ものだ。はて、どこへ行ってしまったものか…。
 それはともかく今年も鰹の季節の到来である。まだ3年間のカツオ刺身(サク)の値段の平均値他カツオに関する分析した統計が出ていないが(筆者自身による)、今年は昨日から新物を食べ始めた。千葉産1サク、580円。いつものこの時期に比べて値段は安いようだ。これはここ2、3年なかった現象。ただ出回るのが遅いか。肝心な味はというと軟らかだが切れがイマイチだ。

さて、今年はカツオ刺身を食べた回数をカウントしよう。
カウント 只今→76(2011.11.28 現在)
デパ地下の鰤より碧く初鰹
追記。東北地方太平洋沖地震の大津波で三陸海岸は壊滅状態。特に東北のカツオの産地の三陸、小名浜辺りはダメだろう。
千葉産1サク、580円。やや小粒。
昨日のカツオは宮崎県産。1サク。480円、。2011.4.6
今日のカツオは鹿児島県産。1サク。580円。色艶よし、やわらか。
しかし今が旬のいわきは中之作のカツオが食べられないのは非常に残念。黒潮と親潮がぶつかる小名浜沖は筋肉質のカツオを育てるので、脂ののりぐあいといい最高の味、刺身にして醤油にニンニクとショウがを使って食べるとこれまた日本一。
今そのいわきや北茨城の港は福島原発事故で放射能汚染区域に。また、大津波で家や人も流されたりと漁民の痛手は計り知れない。きちっと保障をして頂いて、早く立ち直り美味しいカツオを食したい。

追伸。つい最近のテレビ報道によれば、被災地の石巻でカツオ漁再開の見通しと。カツオフェイクとしはうれしいニュース。2011.5.25

追記。カツオ漁に異変と昨夜のテレビが報道。黒潮に乗って回遊するカツオが、愛媛県愛南町の港で何十年振りで豊漁で通常の4倍の大きさだという。その反面千葉や和歌山では不漁らしい。黒潮の流れが今は愛媛県沖にあって、これから北上する模様。被災地の気仙沼ではカツオ漁再開に意欲を燃やしているが、三陸沖までカツオが来てほしいと願わざるを得ない。2011.5.31
追記。静岡、千葉産のカツオがデパ地下で見受けられるがか細い。午後10時前頃は半値になる。昨日はそれで196円。でもやわらかくて味も良かった。2011.6.14
追記。小名浜の漁師がカツオが水揚げされても全く売れず、千葉県下に持ち込んだ由。ここにも風評被害か。しかし福島第一原発の汚染水は現に海に流された。小名浜はそこからそう遠くないところ。2011.6.24

追伸。カツオ刺身、一サク480円。3.11東日本大震災後やっと宮城産のものを食した。柔らかくて美味!大蒜と生姜で。京都では山葵?!2011.7.16
追記。先週の日曜のことかつおを買おう近くのスーパーに出かけて鮮魚コーナーを見てびっくり、小粒の5切れで何と510円也! 台風12号の影響らしい。とても手が届かなかった。2011.9.14
一サク480円の生カツオが180円、しかも皮付き。色艶が、と心配しながら食べたがイマイチ。2011.10.2

« 超人の面白読書 81 『A Public Space 』12号最新号を読む 2 | トップページ | 超人の面白読書 82 「文藝春秋」2011年3月号掲載の第144回芥川賞受賞作 西村賢太作『苦役列車』を読む »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人のグルメの話 カツオ 14  2011年新物:

« 超人の面白読書 81 『A Public Space 』12号最新号を読む 2 | トップページ | 超人の面白読書 82 「文藝春秋」2011年3月号掲載の第144回芥川賞受賞作 西村賢太作『苦役列車』を読む »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31