« 超人のジャーナリスト・アイ 132 森鷗外の小説「舞姫」のモデルについて | トップページ | 超人の面白、街の話題 9 ダウンシフターなど »

2010/12/05

クロカル超人が行く 143 東京駅エキナカショップ グランスタ

 Nec_0268_2

 今や駅ナカショップが食のコンセプト・バリューを積んで先端を走る時代ー。
今日青森まで延伸した東北新幹線がオープンしたが、生憎強風などで遅れや運休が相次ぎ、ダイヤが大幅に乱れた様子。そんな中東京駅エキナカショップ、グランスタが新たに開店、賑わいを見せている。今回はNourth Courtの14軒。丸の内側から入って左側から、築地寿司清、Yudero 191フロム アル・ケッチャーノ、東京炒飯Produced By赤坂離宮、江戸せいろう蕎麦―かんだやぶそば五代目堀田康太郎監修、日本食堂、仙台たんや利休、ニッポンの駅弁、東京ドッグ、米米米、銀座のジンジャー、百果百菜、キハチ、KINOKUNIYA、julass、旅めぐり 彩、旅めぐり雅。
 仕事帰りにそのストリートを歩いた。牛タン屋は行列、都内の有名シェフのコラボ弁当は色鮮やかだが値段は高め、店先でジンジャーをどうぞと振る舞う女性、洋菓子屋、小綺麗にコンパクト化されて陳列されたおかき類はやはり値段は高め、有名な雑貨店もあった。みんなコンパクトでデザインが斬新、人集りはあったがむしろショップの関係者の呼び声の方が大きかったみたい。商魂たくましいとはこのことか。新生ストリートは忙しい。はて、値段、味は?
Img114_2Img115

« 超人のジャーナリスト・アイ 132 森鷗外の小説「舞姫」のモデルについて | トップページ | 超人の面白、街の話題 9 ダウンシフターなど »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 143 東京駅エキナカショップ グランスタ:

« 超人のジャーナリスト・アイ 132 森鷗外の小説「舞姫」のモデルについて | トップページ | 超人の面白、街の話題 9 ダウンシフターなど »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31