« 超人の面白読書 76 カレル・チャペック 6 余滴 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 132 森鷗外の小説「舞姫」のモデルについて »

2010/12/03

超人の面白ラーメン紀行 141 渋谷区道玄坂『真武咲弥』

Nec_0260_2
 何時だったか井の頭線神泉駅から道玄坂辺りまでのニューウェーブ系のラーメン店をテレビで特集していた。その中の一つ、札幌味噌ラーメンが売りの店に偶然に入った。実はこの先の『うさぎ』に行く予定だった。こういうことはよくあることなのだ。
 定番の味噌ラーメン(850円)を頼んだ。カウンター右端に座って待つこと7分、出て来た。見た目はどこにでもある味噌ラーメンだ。ひょっとしたら新宿の虎龍系と思い店の名前を探した。店内の暖簾には小林製麺の文字はあったが、イマイチ判らず理解するのに多少時間がかかった。『真武咲弥』。このところのラーメン店には麺武だとか何々武と冠する店名が多い。ここもその一つ。
 スープの味噌はブレンドされた味噌でコクがイマイチ。麺は黄色い縮れ麺、もちもちとしていて舌触りはいい。トッピングにはごく普通の大きさと硬さのチャーシューが一枚、それに細切れのチャーシューも。味はまあまあ。メンマ、もやしにネギ、これも普通。完食。食べたあとなぜか尾を引いた。店内はカウンター10席とテーブル4席。
これが味噌ラーメンという究極のラーメンにまだ出会えていない。醤油系は見つけた。今しばらくインスタントの味噌ラーメンをアレンジして食べるしかないか―。
『真武咲弥』1.スープ★★2.麺★★3.トッピング★★4.接客・雰囲気★☆5.価格★★

« 超人の面白読書 76 カレル・チャペック 6 余滴 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 132 森鷗外の小説「舞姫」のモデルについて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 141 渋谷区道玄坂『真武咲弥』:

« 超人の面白読書 76 カレル・チャペック 6 余滴 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 132 森鷗外の小説「舞姫」のモデルについて »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31