« クロカル超人が行く 139 猛暑の大分  豊の国情報館 | トップページ | クロカル超人が行く 141 大分点景 »

2010/09/06

クロカル超人が行く 140 大分の焼物 陶房「杜」の作品

201009062327000

 大分市田の浦にある陶房「杜」の斉藤陶工作品。その焼き加減といい、絵柄といい、味わい深い一品。素朴でやや軽いのが特徴。ビールを注ぐとその味は最高に。至福の時だ。清水焼(青柚)のコーヒーカップ、イケアのワイングラスと焼酎グラスそして新たにこの一品が加わった。

高崎山の猿も来訪者の陶房「杜」には他に多種多様な器が所狭しと置かれている。大皿、小皿にぐい飲みや茶碗、箸置き等々。

光あふれる
山の陶房で
みどりの風の中
土と木と炎と
すべての恵みをうけ
この器が生まれた

(陶房「杜」のしおりから)

« クロカル超人が行く 139 猛暑の大分  豊の国情報館 | トップページ | クロカル超人が行く 141 大分点景 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 140 大分の焼物 陶房「杜」の作品:

« クロカル超人が行く 139 猛暑の大分  豊の国情報館 | トップページ | クロカル超人が行く 141 大分点景 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31