« 超人のジャーナリスト・アイ 129 大型書店考 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 138 JR 恵比寿駅『AFURI 』 »

2010/09/19

超人の面白ラーメン紀行 137 JR市川駅『亥龍』

201009171633000_2 千葉県のラーメンランキングでは松戸周辺のラーメン店が上位に並んでいる。その松戸駅と市川駅の間に仕事で行ったついでに、JR市川駅から2、3分のところにある麺屋『亥龍』でラーメンを食べた。夕方近くで客はポツリポツリ。実は横浜家系ラーメン店を探したが見つからず、駅地下街を一巡した後この店に入ったのだ。細麺、やわらか、背脂普通を選択して、ラーメン(650円)を頼んだ。津田沼の『なりたけ』で修行した店主(ネット情報)が2008年に開店した店で、背脂たっぷり、醤油とんこつが主流の店。味噌ラーメン(700円)、魚塩ラーメン(700円)、辛みそつけそば(750円)や餃子もある。さて、ラーメンである。当初ギドギド感が強くて大丈夫かなと心配していたが、レンゲ一振りでそれは解消された。スープは思ったよりあっさりだ。麺は黄色が目立つ『珍来製麺所』を使用。細麺というよりは中細麺でストレート。まあまあの食感だ。トッピングはスライスした大きなチャーシュー、これがイケた。美味。ほうれん草、やや粗削りのネギ、もやし、メンマがほど良い。
 市川駅で初めて食べたラーメン店は及第点だ。
実はラーメンが出てくる間カウンター席の前に貼られていたこの店の紹介記事を読んでいた(左上写真参照)。ラーメン店にしてはおとなしい雰囲気の店である。午前11時半から深夜の3時まで営業している。火曜日が定休日。住所は千葉県市川市市川1-8-13。
『亥龍』1. スープ★★☆2.麺★★☆3.トッピング★★4.接客・雰囲気★☆5.価格★★★

« 超人のジャーナリスト・アイ 129 大型書店考 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 138 JR 恵比寿駅『AFURI 』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 137 JR市川駅『亥龍』:

« 超人のジャーナリスト・アイ 129 大型書店考 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 138 JR 恵比寿駅『AFURI 』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31