« 超人の面白読書 71 内田樹著『日本辺境論』 | トップページ | クロカル超人が行く 139 猛暑の大分  豊の国情報館 »

2010/08/29

超人のジャーナリスト・アイ 127 マイケル・サンデル教授の白熱教室「正義Justice」

 201008262327000
マイケル・サンデル教授。今最も注目の57歳のハーバード大学教授だ。ハーバード大学行政学部政治哲学の彼の公開講義『ハーバード白熱教室』(Justice with Michael Sandel)は、教室に入り切れないほどの人気を博し、そのため大学で初めてメディア公開に踏み切った。NHKがこの講義を「ハーバード白熱教室」として4月から6月の毎日曜日の午後6時に12回に分けて放送した結果(2ヶ国語放送で英語原音でも視聴できる)、たちまち評判を呼び、今や彼の著作の日本語版も出て20万部以上売れているらしい。先週来日して8月25日には東大の安田講堂で、27日には六本木のアカデミーヒルズで講演を行った。毎日新聞8月26日付朝刊の記事によると、東大では東大生350人と公募の社会人や学生約1100人が参加、「イチロー選手の年収はオバマ大統領の約40倍、日本の教師の約400倍。私はイチローのファンだが、彼の所得は公正か。国家が税をかけて所得の再配分するのは正しいか」と問いかけた。この講義は10月31日と11月7日、NHK教育テレビで放送予定。
 筆者はNHKの「ハーバード白熱教室」を視ようと何回か試みたが、日曜の夕方とあってか、なぜか見落としてしまってついに一回も視れなかった。しかし、偶然にも先週末にNHKハイビジョン放送の番組で第11回と第12回を視ることができた。ソクラテス方式(対話形式の授業)の授業は、テーマと投げかける質問もなかなかのものだが、応える学生もまた、それなりにはっきりとした意見を述べている。まさしく白熱した授業だ。NHKの番組では毎回放送の最後に千葉大学の小林正弥教授の解説が挿入される。この小林教授は今ではサンデル教授のソクラテス方式を導入して授業を行っているという。放送1回分はレクチャーが二つ組み込まれていて、全部で24のレクチャーで構成されている。Wikipediaから内容を見てみよう。

第1回 殺人には正義はあるか トロッコ問題 ジェレミー・ベンサム ミニョネット号事件
第2回 命に値段をつけられるのか ジョン・シチュアート・ミル
第3回 「富」は誰のもの? ロバート・ノージック
第4回 この土地は誰のもの?ジョン・ロック
第5回 お金で買えるもの 買えないもの 徴兵制度 ベビーM事件 
第6回 動機と結果 どちらが大切?イマヌエル・カント
第7回 嘘をつかない練習 モニカ・ルインスキー事件
第8回 能力主義に正義はない ? ジョン・ロールズ
第9回 入学資格を議論する アファーマティブアクション アリストテレス
第10回 アリストテレスは死んでいない ケーシー・マーティン 奴隷制
第11回 愛国心と正義 どちらが大切 ? アラスデア・マッキンタイアー ロバート・E・リー
第12回 善き生を追求する 同姓結婚

 歴史や現在の出来事から題材を選び、難問を学生に浴びせ、対話形式によって難問の回答を見出していく。この講義風景はアメリカらしいオープンな大学の授業風景と映った筆者だが、なぜか高校時分の倫理社会の詰まらない授業を思い出した。哲学者の名前や業績を暗記することに終始していたのだ。また、大学でも大教室での哲学の授業は一方的で学生はせいぜいノートに書き写すくらいだった。NHKのハイビジョン放送の番組で視たマイケル・サンデル教授の政治哲学の授業、「正義Justice」は違っていた。教授の問題提起の仕方が斬新でまた、学生もはっきりと自分の意見を述べ、それに対する他の学生の反論も述べさせ、賛成、反対の立場から討論デベイトさせている。テーマを身近なところから臨機応変に語り、政治哲学を説く。
 このマイケル・サンデル教授の哲学講義の本が日米で売れている。原題はjustice: What's the Right Thing to Do?日本語訳のタイトルは『これからの正義の話をしよう』。来年にはイギリスのBBC放送でも公開されるらしい。
 最近の日本の政治や社会では制度疲労や疲弊、それにモラルの低下が著しい。やはり「正義Justice」の問題は古くて新しい問題だ。サンデル教授みたいな白熱する授業ができる先生が日本の高校、大学にも出てきてほしい。
 
追記。NHKの教育テレビでマイケル・サンデル教授の『白熱教室』in 東大を視た。若い人たちが積極的に参加していたのが印象的。英語での受け答えもできていた。こういった議論があちこちの大学他で浸透していけば、日本ももっと国際的な貢献ができるはずだ。会場には国会議員の人もいてサンデル教授が国会で同じような講義をしてくれれば政治家の意識も変わるのではないかと話していた。やはりこの手の講義にはなれている。ディベートの進め方が上手かった。
 今回の特別講義のテーマは3つ。①イチローの給料は高すぎないか ②東大の入学資格はお金で買えるか ③東アジアで戦時中に行われた行為を現在の日本人は謝罪すべきか
(2010年9月26日 記)


« 超人の面白読書 71 内田樹著『日本辺境論』 | トップページ | クロカル超人が行く 139 猛暑の大分  豊の国情報館 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人の面白読書 71 内田樹著『日本辺境論』 | トップページ | クロカル超人が行く 139 猛暑の大分  豊の国情報館 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31