« 最新の新聞記事 スウェーデン王室結婚報道 2 | トップページ | スウェーデン王室結婚報道 4 ある女性外科医のブログから »

2010/07/02

最新の新聞記事 スウェーデン王室結婚報道 3

スウェーデンの有力紙「ダーゲンス・ニーヘーテル」紙や無料日刊紙「メトロ」の記事の中からスウェーデン王女の結婚式報道を追ってみよう。

まずは6月19日付「メトロ」電子版の記事から。

 王室の結婚式はスウェーデン国民の祝祭。50万人の人が一組の新婦のためにストックホルムの中心部に集まった。ストックホルム警察のシェル・リンドグレン広報担当官は、リリカルで本当に素晴らしかったと語り、機動隊2000人が窃盗を働くサッカーのフーリガンもしくは不愉快なデモを取り締まった。しかし昨日は楽しく積極的な人たちだった。結婚式で人が溢れていたが、すべてはブリッジのパートスコアだった。鉄の釘、すべて素敵だった。広報担当官自身、感動して涙をこぼしてしまった。

 やらされているけど仕事はプロだよ。

 牧師のオーケ・ボニエル氏のことは結婚式のあとの日まで尾を引いた。控え目なカップルだ。嬉しいのはお互いに愛を確かめ合おうとしていたことだと語り、その日はストックホルム大聖堂のミサは満員だったと広報担当官。
ストリートに出ると、大部分が外国から来た観光客のように思えた。ストックホルム観光協会のペーター・リンドクヴェスト氏によれば、ホテルは去年の夏の同じ週より予約が多いそうだ。結婚式の週の始めはまだ空室があったが、そのあと予約が殺到した。結婚式は旅行ビジネスでは大変価値があり、PR価値はざっと見積もっても100万クローネはある。
 オペラ劇場地下レストランの料理長、ステファノ・カテナッチ氏―結婚式の晩餐会で野心的なメニューを作成した―は、今日の楽しさ以上だった。
準備は万端。約10日間60人のスタッフで晩餐会の料理ができあがった。結果に満足している。
私は調理場に入る来賓側から奥に行った。

 晩餐会を楽しめましたか。
 いいえ、朝5時に帰宅してから横になりSVTの模様を視たんだ。その時結婚式の模様を一目視ることができた。

 
 ダーゲンス・ニィーヘーテル紙6月19日付電子版から。

 王女の結婚式の日、カップルは落ち着いていた。同紙が土曜日の朝8時から刻一刻を追った。
式全体の詳細を読めない読者に概略をお伝えしよう。

 その朝は天気から始まった。太陽は行列の上に主な役割を果たすはず。もし雨天だったら、結婚式はどうなったか。行列ができないうちに、ストリートの開閉の決定には2時間必要だった。つまり馬車を走らす緊張する時だ。午後1時半、新婦カップルが天気の力を見極めてストリートを解放。ビクトリア王女が土曜日の午前9時前直ちに妹のマドレーン王女の車で王宮からストックホルムの王宮まで運転、そのあと化粧、ヘアスタイル、ドレスの準備が始まった。全てがどのようにみえるようになるか近づかないかぎり誰も分からない。その日は30人の美容師たちが新婦と来賓に髪をドレスアップするため雇われた。
 ストックホルムの街中の大部分のストリートが塞がれた午後1時、結婚式の行列のストリートもブロックされた。トンネルを走らせる車の通行料金は、楽しい時間を過ごしてもらうため、夕方7時まで無料だった。2倍の50万人がストックホルムのストリートを埋める代わりに、警察はこの祝賀に約25万人が参加するとよんだ。新婦カップル、来賓や一般人に何も起こらないようにと約2000人の警官がその日を守衛。さらに3000人の軍隊や2000人のボランティアの人々が行列に沿って立ち、幸運を祈った。禁止区域に間違って入るパイロットやナイフを持った既婚男性以外は、警察の妨害を要求する出来事は起こらなかった。その日のお祭り気分についてはスウェーデンの他の都市でも伝えられた。王子の故郷の町オッケルボではお祭りを何度も祝い、イェーテボリィの朝、中心街ではすでに自転車アトラクションのヒュールを14組が実施していた。外国から来た人700人、全部で2300人のジャーナリストが結婚式を報道するためストックホルムに滞在した。スウェーデンの関係者が外国のメディアにコピーを送る。結婚式はその日アメリカのCNNやスペインのEl Mundoが“ビッキーとダニエルの素晴らしい結婚式”と大きく報じたが、同時に大手の通信社は、SVTとの交渉後、結婚式報道を取り止めた。多くの現地新聞は別な問題だとみたようだ。
14時、ストックホルムの聖堂にドレスアップした来賓が到着。まず市民と政治家、次に王室、シルビア、マドレーン、カール・フィリップそして花婿のダニエルと続いた。そのあと15時30分、ちょうど王女と国王を乗せた車がやってきた。
 結婚式は快晴。祭壇まで半分行ったところでビクトリアが父のグスタフ16世に手を差し出した。ダニエルはとても感動的、新郎新婦は互いに手にキスをした。彼女は豪華な真珠色した絹の公爵夫人を身に付け、浮き彫りを施した宝石の冠を被っていた。予め予測されていたものだ。
 ウェストリング王子が大公とナイトとなった。ビクトリアとダニエルは独身の涙を拭い去った。牧師たちが感動している。父のグスタフ16世国王が一緒になって見つめ、シルビアは紙のハンカチで拾い集めた。
 一組の夫婦が教会の外に出たが、ダニエルは勲章を纏っていた。16時26分、最初の結婚式のキスがあった。最初の結婚式の話で新婦が決めたあと、カメラマンたちがそれを見たいと大声で叫んだ。
5分後、車に座り行列が始まった。少しの間祝福してくれている国民に手を振っあと、行列は直ちに進んだ。馬の調子もよく、観衆が新郎新婦を見れるようにと速さを調整した。しかも安全を維持しながら。新郎新婦がバーサオーデン号で通過する時にはボートが対向できないようにノルストレムの水の流れの量も減らした。新郎新婦と来賓が王宮に到着。ビクトリア王女が、王子を迎え入れたことに対してスウェーデン国民に感謝の言葉を表した。土曜日の夜8時頃、ストックホルム王宮の国立ホールで大きな結婚をお祝いする晩餐会が始まった。その夜は5種類の料理、高さ3メートルのケーキそして4種類の貴重なワインが供された。国王とダニエルのパパのオーロフ・ウェストリング氏両方とも会話は弾み、多くの嬉し涙を流すこととなった。
アーティストの大祝賀公演でその夜は終わったが、他方、屋外で行われた場所は、お祝いをしてくれた人々によりきれいに掃除されていた。

« 最新の新聞記事 スウェーデン王室結婚報道 2 | トップページ | スウェーデン王室結婚報道 4 ある女性外科医のブログから »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最新の新聞記事 スウェーデン王室結婚報道 3:

« 最新の新聞記事 スウェーデン王室結婚報道 2 | トップページ | スウェーデン王室結婚報道 4 ある女性外科医のブログから »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31