« 超人の面白ラーメン紀行 135 井の頭線神泉駅『轍』 | トップページ | 最新の新聞記事 スウェーデン王室結婚報道 2 »

2010/06/25

超人の面白ラーメン紀行 136 港区三田『三田製麺所本店』

201006251147000 サッカーW杯南アフリカ大会、Eリーグの日本一デンマーク戦は3―1で日本がデンマークを降し、外国での試合では初めてオランダに次ぐ予選2位で決勝トーナメントに進出。強いと噂されたデンマークに前半積極的な攻撃をかけ、また、固い守備で相手の出番を阻止、危ない場面もあったが切り抜けた。かなりの運動量で後半は動きが鈍くなりかけた。よく踏張ったと思う。勝とうする気迫とチームワークの良さが功を奏した。
早朝のテレビ観戦は後半戦からだったが、気合いが入った。おかげで眠い。外国のメディアは、ジヤビラニが好き(イギリスの大衆紙「サン」)とか、青いサムライに夢を切り裂かれた(デンマークの「TV2」)とか書き立てた。
決勝トーナメントは南米のウルグアイ、6月29日午後11時キックオフ。

 ところで、2010年6月下旬、都内ラーメン紀行第3弾は港区三田の『三田製麺所本店』だ。つけ麺があまり得意でない筆者でも、やはりここのつけ麺はずっと気になっていた。暑かったがまだ混まない時間帯を見計らって11時半頃店の前に並んだ。早かったせいか行列はほんの少し、5、6分後には中国人のスタッフに声をかけられて店に入った。2階の4人掛けのテーブル席にはすでに大勢の人たちが座っていた。ほとんどがサラリーマン。つけ麺並(700円)を注文。もちもち感のある太緬、のど越しはいい。濃厚だが旨味成分を十二分に引き出している。美味。刻んだチャーシューや太いがやわらかいシナチクも存在感があった。割りスープを頼み完食した。2階はカウンターとテーブル席合わせて25人くらい、満杯だった。ここまで書いてきて可笑しなことに気づいた。今朝のサッカーテレビ観戦の疲れが出たのか、肝心なつけ麺の写真を撮るのを忘れてしまった。こんなことは珍しい。で、今回は筆者が撮影した店の外観で我慢して欲しい。つけ麺の味は本物だった―。
港区三田『三田製麺所本店』1.スープ★★★2.麺★★★3.トッピング★★4.接客・雰囲気★☆5.価格★★★

« 超人の面白ラーメン紀行 135 井の頭線神泉駅『轍』 | トップページ | 最新の新聞記事 スウェーデン王室結婚報道 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 136 港区三田『三田製麺所本店』:

« 超人の面白ラーメン紀行 135 井の頭線神泉駅『轍』 | トップページ | 最新の新聞記事 スウェーデン王室結婚報道 2 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31