« 最新の新聞記事 スウェーデン王室結婚報道 | トップページ | さかなくんもびっくり とっておきのかつおくんレポート »

2010/06/22

超人の面白ラーメン紀行 134 JR 神田駅西口『麺屋武蔵 神山』

 一昨日の某テレビイーブニングニュースの都内食べ歩き新名所コーナーで、JR神田駅西口周辺をやっていた。ニューウェブ系のラーメン店がここ1、2年に進出、その数10軒以上。その昔はこれほどではなかった。『香山ラーメン』などがJR神田駅西口間近にあった時代は―。
 その筆頭の『麺屋武蔵 神山』に入った。テレビでは二番目の取材店で、どんぶりからはみ出るほどの大きな焼きチャーシュー麺(1800円)を取り上げていた。何しろ太くて長いチャーシューである。1日一つ注文がある程度らしい。筆者は初めて入った店では基本通り、シンプルだが定番の「ラーメン」(750円)を頼むことにしている。今回もそうした。スープは多めで麺は普通と付け加えたが(このラーメン店は、麺の大盛りも同じ価格!)。ここが筆者の厚かましいところで、“スープ多めに”がミソ。昔からだから仕方がない。これが筆者スタイル。(頑強な胃の持ち主でないのかも)。出て来た気持ち小さな、白いすり鉢状のどんぶりに背脂が入った動物系と植物系のダブルスープ、その上に平打ち縮れ太麺、トッピングはこの店独特のややボリュームのある焼きチャーシュー、海苔、メンマに刻みネギといった具合のラーメンだ。一啜り、濃厚なスープが舌に残った。続いて麺、もちもち感はあるものの、うどんを食べているみたいな感触だ。ボリュームのある焼きチャーシューは、外はカリカリ、中はジューシーと思いきや、筆者的にはもっと柔らかい方がいい。全体的に量はそれほどでもなかった。新宿の『麺屋武蔵』もそうだが、スタッフの水切りパフォーマンスやワーキングウェアの斬新さも目立つ。日曜日の夕方はさすがに神田駅西口商店街も静かだ。テレビ取材一番目の店『わいず』は休み、ここは年中無休。営業時間は午前11時〜午後9時半まで。JR神田駅西口から徒歩1分、神田西口商店街の中にある。

『麺屋武蔵 神山』1.スープ★★☆2.麺★★3.トッピング★★4.接客・雰囲気★☆5.価格★★

« 最新の新聞記事 スウェーデン王室結婚報道 | トップページ | さかなくんもびっくり とっておきのかつおくんレポート »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 134 JR 神田駅西口『麺屋武蔵 神山』:

« 最新の新聞記事 スウェーデン王室結婚報道 | トップページ | さかなくんもびっくり とっておきのかつおくんレポート »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31