« さかなくんもびっくり とっておきのかつおくんレポート | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 136 港区三田『三田製麺所本店』 »

2010/06/24

超人の面白ラーメン紀行 135 井の頭線神泉駅『轍』

 当店は、出来る限り厳選した国内産食材を主に使用し、化学調味料を使わず、「安全で美味しい味」をご提供できる努力を致しております。店主 林 葉子

We strive to serve safe and tasty food made …

 今や渋谷の新たなラーメン激戦区の京王井の頭線神泉駅付近。今回は豚骨系を外したラーメン店にフォーカス。北口を降りてすぐと書いてあったので、ともかく左方向に歩いて見つからず、また駅前に戻った。するとすぐ目の前に看板があった。『轍』わだち。参った、ちょっと一回りした感じだ。
店に入り券売機でラーメン(700円)を選んだ。和風つけ麺(800円)が売りの店らしい。カウンターでラーメンが出てくるまでの間、読んでいたのが書き出しの文言。メッセージが濃い。どこかにもこんな文句が書いてあった店があったっけ? 確か伊勢原の街道沿いのラーメン店―。それはともかくとして、店内はカウンター席4席、テーブル席12席の個人回りした店で、和風が得意、否、何とか餃子もあった。つけ麺、餃子他の定食は1000円みたい。スープは煮干と鶏ガラか、あっさりとした醤油味、これはイケた。厚みがあってそれなりにやわらかなチャーシューも独特、もやしやねぎなどを排除し、ちょっとした青物をアクセントに添えた辺り、トッピングの工夫は女性店主ならではのレイアウトと読んだが。完食。気温30℃は越えていた梅雨の晴れ間の店内、さすが暑い。カウンターには男女2人、ホールは女性1人、昼下がりの一時、間があるかなと思いきやそれなりに客が入って来る。ここは神泉、松濤近く―。
 丸山町→道玄坂→渋谷駅と歩いた。トリプルスープのラーメン店『うさぎ』(実は筆者はここで食べようと大分迷ったのだ)は見つけた。満杯。ラーメン店の多いこと、中国人もビックリでは。そして、銀座界隈に見た中国人観光客は若者の街渋谷宇田川町周辺にもそれなりにいた。謝謝!
井の頭線神泉駅『轍』1.スープ★★★2.麺★★★3.トッピング★★☆4.接客・雰囲気★☆5.価格★★☆

« さかなくんもびっくり とっておきのかつおくんレポート | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 136 港区三田『三田製麺所本店』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 135 井の頭線神泉駅『轍』:

« さかなくんもびっくり とっておきのかつおくんレポート | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 136 港区三田『三田製麺所本店』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31