« 超人の文学散歩 『蘆花恒春園』 余滴 | トップページ | クロカル超人が行く 135 新潟市佐渡あるいは佐渡島 »

2010/06/08

超人の面白ラーメン紀行 132 新潟市『昔商店なおじ』

 5月はブログの記事本数が最低だった。書く気が起こらなかったことが主因だが、また、仕事がいろいろと立て込んでいたことも事実。そうこうしているうちに小鳩が消えて「甲」高い人が現れた。日本の政治はこれからどうなって行くのか注視したい。

 さて、今回のラーメン紀行は新潟市内にあるラーメン店『昔商店なおじ』。201006052212000昭和30年代にタイムスリップしたような店は、5年前に開店。ある懇親会後に5、6人で出かけた。駅からタクシーで約10分、暖簾の右端が捲れて見えない玄関を潜ると、昔懐かしい光景が広がっていた。はまぐりなどがトッピングの豪華な『昔ラーメン』を頼むも、そのメニューは今はやっていないとあっさり断られ、代わりに定番メニューの一つ、「なおじろう」を注文。Dscf8136土曜日の夜だったので店は一部のメニューが売れ切れるほど繁盛していた。注文してからラーメンが出てくるまで多少時間がかかったことは言うまでもない。その頼んだラーメンは二郎系、太麺で硬め、もちもち感があって手応え十分、もやしもたっぷり。チャーシューは外側はカリカリ、中は柔らかだ。動物系と魚介系のミックスされた、背脂たっぷりのスープもイケた。濃厚だがそんなに塩辛くもなく、緬に程良く馴染んでいた。これで普通盛りなのだが、正直言って完食できるか不安だった。しかしそれは見事にハズレ、食べたあとの満足感が残った。一方、『昔ラーメン』Dscf8137


は残数が少なく、一緒に行った人たちの3人だけが食べた。シナチク、ナルト、海苔などが入った醤油味。こちらも旨そうだった。夜10時頃だったが、カウンターはほぼ満杯、テーブル席(丸くちゃぶ台風)もぼちぼち、画面が多少まろみがかったレトロ調のテレビの前のテーブルもいつの間にか満杯、さすが人気店だ。場所は新潟市中央区上所3-1-28。新潟県庁の近く。
新潟市中央区『昔商店なおじ』①スープ★★★②麺★★☆③トッピング★★★④接客・雰囲気★☆⑤価格★★☆

« 超人の文学散歩 『蘆花恒春園』 余滴 | トップページ | クロカル超人が行く 135 新潟市佐渡あるいは佐渡島 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 132 新潟市『昔商店なおじ』:

« 超人の文学散歩 『蘆花恒春園』 余滴 | トップページ | クロカル超人が行く 135 新潟市佐渡あるいは佐渡島 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31