« 超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント  29 | トップページ | 超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント 31 »

2009/12/09

超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント  30

 牛乳瓶洗浄後は殺菌し冷ました牛乳を瓶詰め(充填)にするのだが、Kミルクプラントでは一時期最新式の機械を導入してオートメーション化を図った。当時どの位の大きさだったろうか。40坪くらいの広さには主に牛乳製造工場とアイスキャンディ製造工場、それに冷蔵庫が置かれていた。この冷蔵庫に纏わる話は後ほど書くことにして、大型の自動牛乳製造機械はその四分の一を占めていた。導入当初はこんなに便利なものがあるんだとナオミも驚いたほどだった。しかし、不思議に思ったのはその機械購入の資金だ。ナオミはこの資金の出所が今もって分らないままだ。

« 超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント  29 | トップページ | 超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント 31 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント  30:

« 超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント  29 | トップページ | 超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント 31 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31