« クロカル超人が行く 123 秋の六義園 | トップページ | クロカル超人が行く 125  本郷菊坂界隈 金魚喫茶店『金魚坂』 »

2009/11/23

クロカル超人が行く 124 再び樋口一葉ゆかりの地を訪ねて

クロカル超人が行く文京区樋口一葉碑他を訪ねて
クロカル超人が行く文京区樋口一葉碑他を訪ねて
クロカル超人が行く文京区樋口一葉碑他を訪ねて
クロカル超人が行く文京区樋口一葉碑他を訪ねて
 前回訪ねた樋口一葉ゆかりの地から1年あまり、途中までで終焉の地のあるところまで辿れなかった。
ところが、意外にもその終焉の地は白山下の安売スーパー「オリンピック」の近くにあった。そこには今以て花が添えられていた。人気のほどが伺えるというものだ。そこで散策を試みた。一葉が住んでいた長屋、その近くにある井戸や彼女がよく通った伊勢屋質店にも立ち寄ったのだ。運良く閉店(閉店時間は午後4時)ちょい過ぎでも入れてくれた。無料。ボランティアの人たちがガイドしていた。頑丈な造りで筆者も質屋の中に入るのは初めてだ。中の木造などしっかりしていて保存状態がいい。一葉もこの質屋の暖簾を潜ったはずとボランティアのガイドさん。一葉は菊坂に近い本郷丸山福山町に移り住み、2年半後に極貧のうちに亡くなった。この時期に『ゆく雲』『にごりえ』『たけくらべ』などが発表された。明治の庶民の暮らしぶりがぷんぷん匂う、今は昔である。
ふとまた外に出た。坂があり、路地があり、植木があった。そして秋の夕暮れの風情があった。

« クロカル超人が行く 123 秋の六義園 | トップページ | クロカル超人が行く 125  本郷菊坂界隈 金魚喫茶店『金魚坂』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 124 再び樋口一葉ゆかりの地を訪ねて:

« クロカル超人が行く 123 秋の六義園 | トップページ | クロカル超人が行く 125  本郷菊坂界隈 金魚喫茶店『金魚坂』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31