« 超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント 15 | トップページ | 超人の面白創作 詩  ニューヨーク ニューヨーク ニューヨーク »

2009/11/13

クロカル超人が行く 122 飯田橋駅 餃子の店 『おけい』

200911102045000_2 飯田橋駅から徒歩5分ほどにある餃子の店『おけい』。警察病院(工事中)のすぐ近く、ラーメン専門店『青葉』、『龍朋』、『メルシー』などが並ぶ一角にある。二週間前にJR宇都宮駅ビル内の餃子の店『民民』200910241656000_2
で食べてきたばかりのK子の頼みで訪ねたが、時計の針は8時半を回っていた。お客さん、ラストオーダーですが、よろしいですかと女性店員。店はほぼ満員で二人掛けテーブル一つだけ空いていた。3人ですがいいですかと座ろうとすると、奥のテーブルが空きましたのでこちらへどうぞ、ともう一人の女性店員の声。ラッキーだった。何せかつて神保町にあったとき以来だから、何と21年ぶり以上になるのだ。餃子3枚お願いします、それにビール、とりあえず2本とつまみに茹でもやしを注文。頼んだビールを飲んでいると、5、6分後には餃子が出てきた。速い。外はパリパリ、中はもちもち、ジューシーである。これがそのときに撮った写真。美味しいものには目が無い2人はペロリと平らげて平然としていた。もっと食べたかったが残念、閉店だった。宇都宮の餃子とどっちが美味しい?この質問は愚問か―。また、この店のタンメンも美味しいらしい。老舗の貫禄か年配者も多かった。何故かグリーンが映えた不思議な空間だった。こうして飯田橋の夜は更けたのだった。

« 超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント 15 | トップページ | 超人の面白創作 詩  ニューヨーク ニューヨーク ニューヨーク »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 122 飯田橋駅 餃子の店 『おけい』:

« 超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント 15 | トップページ | 超人の面白創作 詩  ニューヨーク ニューヨーク ニューヨーク »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31