« 超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント 19 | トップページ | クロカル超人が行く 123 秋の六義園 »

2009/11/23

超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント 20

 家に帰ってからナオミの末弟S男の身体に異変が起きた。お腹に激痛が走って下痢が止まらず、更に発熱、しばらく様子をみるも一向に良くなる気配がなかった。終には掛り付けの医者を呼んだ。ナオミなど周りの人たちは大慌てだった。こういうときに限って両親が留守だった。滅多にないことが片方は旅行、もう片方は大病という両極端で起きたのだった。親代わりに呼び出されたのは父親のすぐ下の弟の叔父だった。このことはすでに触れた。この叔父はナオミの記憶が正しければの話だが、一度実家に強制的に返されたことがあった。株か何かの失敗で婿に行った先の家からお仕置きを受けたのだ。
 そばでそれなりの看病をしていたナオミには末弟S男が時折うわごとをいう度にこのまま逝ってしまうのではと大いに不安がった。
 危篤状態から回復に向かったのはそれから1週間位経ってからだった。

« 超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント 19 | トップページ | クロカル超人が行く 123 秋の六義園 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント 20:

« 超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント 19 | トップページ | クロカル超人が行く 123 秋の六義園 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31