« 超人の面白読書 61 アメリカのベストセラー A Gate at the Stairs の最初のページを読む 2 | トップページ | 超人の面白読書 61 アメリカのベストセラー A Gate at the Stairs の最後のページを読む »

2009/10/17

超人の面白ラーメン紀行 127 京急日ノ出町駅『たかさごや』

超人の面白ラーメン紀行横浜市中区『たかさごや』
 なるほど、あるブロガーが言っていた通り一杯飲んだ後に食べるラーメンとしてはバッチリな店だ。前にJR関内駅から歩いて5、6分の同じ看板の店でラーメンを食した。時間帯は午後1時過ぎだったがまあまあの混みよう。店内は狭く8名で一杯、ラーメンの味はと言うと豚骨醤油系で多少しつこいがイケた。
『たかさごや』は京急日ノ出町駅からわずか3分の好立地な場所にあるが、この界隈にはラーメン店が少なくとも10軒はある激戦区だ。ただしどこもドングリの背比べっぽい。
 さて、さすらいのギャンブラーことメル友君と入った『たかさごや』はカウンターだけの店、やや野生味溢れるこの店でラーメンを頼んだ(750円?)。まずはスープ、濃くなくこれがイケた、次に麺だが太いそしてストレート系だ、が、舌触りが良かった、トッピングのチャーシューはやわらか、うーん、分かんない、歯応えがかすかにあった程度か、それよりほうれん草の感触がよか、海苔たっぷりはどんぶりからはみ出し寸前、完食だ。それにしても海苔、いつ、どこで、どんな風に食べたらいいのかいつも迷うのだ。隣のメル友君は焼酎1本空けてのご来場、美味い、美味いとしきり。でもラーメン店を出て、『次、行こうよ』と繰り返し言われたのにはお月様も苦笑いしていた。この近くは人も知る旧青線地帯なのだ。最近はすっかり様変わりしたという。

横浜京急日ノ出町駅『たかさごや』1.スープ★★2.麺★★3.トッピング★☆4.接客・雰囲気★☆5.価格★★

おなごどこラーメンの味どこ夜更ける

« 超人の面白読書 61 アメリカのベストセラー A Gate at the Stairs の最初のページを読む 2 | トップページ | 超人の面白読書 61 アメリカのベストセラー A Gate at the Stairs の最後のページを読む »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 127 京急日ノ出町駅『たかさごや』:

« 超人の面白読書 61 アメリカのベストセラー A Gate at the Stairs の最初のページを読む 2 | トップページ | 超人の面白読書 61 アメリカのベストセラー A Gate at the Stairs の最後のページを読む »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31