« 超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント 8 | トップページ | 超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント 9 »

2009/10/26

超人の面白ラーメン紀行 128 町田市『胡心房』

超人の面白ラーメン紀行町田市『胡心房』
 玉川学園で用事を済ませた後、筆者はJR町田駅から5、6分のラーメン店『69'n'roll one ロックンロール ワン』を再訪しようと思いJR町田駅から反対側に渡ろうと線路沿いに道なりを歩いていた。すると10人くらい並んでいる店を発見。こんなところに何?店を見るとKOSHINBOとある。はて、以前にも捜してなかった店、女店主の、その店だと解った。急遽『69'n'roll one ロックンロール ワン』行きを取り止めて並んだ。待つこと35分、やっと券売機でこの店の一番人気の味玉らぁーめん(800円)を購入してカウンター席に着いた。6、7分後頼んだ味玉らぁーめんが出てきた。スープの量はアレンジできなかったが、麺の硬軟は加減できた。一振り、豚骨ベースのスープはまろやか、麺は極細ストレート系、トッピングは味玉、超やわらかのチャーシュー、刻みネギ、メンマ、少々の昆布、海苔そしてヘルシーラーメンを演出するレタス、完食である。途中店のスタッフが麺の硬さはどうですかと突然訊きに来たのには驚いたが(多少茹で過ぎ)、厨房を覗いたかぎりなかなかウーマンパワーも凄いなと感心させられた。まろやかヘルシーラーメンが売りのようだ。ここでもとろけたチャーシューに出会えた。ラッキーである。
らぁーめんは700円、メニューはヘルシー系のラーメンが目立つ。カウンター席10人、小さなテーブル席5人の15人で満杯のこじんまわりした店で全員が女性という珍しいラーメン店だ。そう言えば、客の15人中7人が女性だった。少し気になったのは何某の顔を映し出したラーメンチラシの多いこと、些かうんざりである。
町田市『胡心房』①スープ★★☆②麺★★③トッピング★★★④接客・雰囲気★★☆⑤価格★★

追記 2016年3月26日のフジテレビ土曜日昼の番組「正直女子さんぽ」は町田。柳原と菜優の女子二人がランチで入ったラーメン店『胡心房』。豚骨ヘルシーラーメンは、お魚豚骨を低温処理することで脂を少なくしてあるためヘルシーと女性店長。一方、飯尾と関根の男性二人は、『胡心房』の近くにある豚骨と魚介のWスープ「ヌードルズ」に。元ホテルマンが夫婦でやっているラーメン店。男性陣も女性陣も美味しかったと満足気。(2016年3月26日 記)

« 超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント 8 | トップページ | 超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント 9 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 128 町田市『胡心房』:

« 超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント 8 | トップページ | 超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント 9 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31