« 超人の面白ラーメン紀行 128 町田市『胡心房』 | トップページ | 超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント 10 »

2009/10/27

超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント 9

 ナオミの実家はT駅からバスで12、3分、Kバス停から徒歩2分のところにある。この辺は道路に沿って集落があるが一歩中に入れば田んぼだ。道路から入って左側に薄黄色の板壁の上の方に青色でミルクプラントと書かれた“工場 ”があり、右折してまっすぐ行けば玄関、右側すぐにはボイラーの燃料用のオガクズと木っ端置き場、仕切られてあるその前がくたびれがかった水槽と洗い場それに手前の部分がかけていた深い井戸と南天に囲まれた氏神さま、臼やキネの餅つき道具などがある物置小屋、大小に仕切られた便所そして勝手口、これが実家の右側の棟である。

« 超人の面白ラーメン紀行 128 町田市『胡心房』 | トップページ | 超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント 10 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント 9:

« 超人の面白ラーメン紀行 128 町田市『胡心房』 | トップページ | 超人の面白創作 携帯連載小説 ミルクプラント 10 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31