« クロカル超人が行く 118 ニューヨーク再訪 余滴 3 | トップページ | クロカル超人が行く 118 ニューヨーク再訪 余滴 5 »

2009/10/05

クロカル超人が行く 118 ニューヨーク再訪 余滴 4

200909171300000_2200909171342000_313年前のニューヨーク行きと今回とで大きく違っていた点は、前にも多少書いたが、2つの大学訪問(それなりの目的はあったが)とブルックリン美術館訪問だった(ブルックリン美術館についてはそのうち訪問記を書くつもり)。しかし書店巡り(ニューヨークの書店はこの10年で老舗の店が潰れたりと様変わりしている)が思うようにできなかったことが少し悔やまれる。
 コロンビア大学は歴史も古く、また、イギリスのオックスフォード大学やケンブリッジ大学と同じようにいろいろなカレッジが集合して出来ている大学町でその総称がコロンビア大学というわけだ。今年の世界大学ランキングではコロンビア大学は10位と上位に君臨している。そのがっしりとした由緒あるレンガ造りの多い大学のメインストリートには多種多様なレストランが軒を並べている。3、40軒はあるだろうか。そんな中に韓国人が経営している日本のうどん屋さんや寿司屋さん、中華にフランス料理店、イタリアン、インド料理、メキシカン、カフェなどどこに入ったら良いか迷うほど多い。案内役のO先生がお薦めのイタリアンDscf0726_3
に入ったのだ。その食事のメニューはすでに写真付きで紹介したが、ここでは一つだけ付け加えておこう。O先生も大好きと言っていたムール貝だ。フランス料理の定番とばかり思っていたその料理は意外とスープの種類によって違った味が引き出される。塩味やトマトベース、これがなかなかイケるのだ。その上にパンをつけて食べると食欲がさらに進む。ここでは塩味だったが別なレストランで食べたときはトマトベースに挑戦した。軍配はと言えば、筆者的には塩味の方がよかった。これは自宅でも試してみたい。短いニューヨーク滞在中にムール貝を3度食した。

« クロカル超人が行く 118 ニューヨーク再訪 余滴 3 | トップページ | クロカル超人が行く 118 ニューヨーク再訪 余滴 5 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 118 ニューヨーク再訪 余滴 4:

« クロカル超人が行く 118 ニューヨーク再訪 余滴 3 | トップページ | クロカル超人が行く 118 ニューヨーク再訪 余滴 5 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31