« クロカル超人が行く 118 ニューヨーク再訪 3 | トップページ | クロカル超人が行く 118 ニューヨーク再訪 5 »

2009/09/18

クロカル超人が行く 118 ニューヨーク再訪 4 『 ブルーノート』

Dscf0719Dscf0722Dscf0723Dscf0721

“ブルーノート”に来ている。場所はイーストビレッジ、131W 3rd St。今日の出演者はたまたまMANHATTAN TRANSFER。久しぶりのBLUE NOTEらしい。8時の開演。すでにビールは小瓶で3本目。21年前に来たが、あまりの変わり様に些かショックを隠せない。素朴なブルーノートよ、と言いたい感じだ。サプライズは綺麗どこを8人も揃えていることだ。年齢は分からない。すでに満員御礼状態だ。時刻は開演29分前。バーテンダーだけがけたたましい。フロアマネージャーらしき背の低い男性が時折ウェートレスにきつい指示を出しているようだ。芸術作品の鑑賞というよりもはやビジネスだ。

ZEN SAKETINI(13ドル)

カクテルだ。初めてこんなの。日本で言えば焼酎のお茶割りだ。ティーバッグとミックスと書いてあったが、何とも。ここがアメリカン―。ブルックリン美術館のカフェで飲んだコーヒー、CAEE'OSの方が新鮮でずっと美味。この違いは人の心に響くかだろう。ショーが始まった。一曲目終了、拍手喝采だ。この感じは日本のアーティストにいる―。アレンジャーを紹介しながら3曲目。曲はスタンダード、ジャズ演奏より一般受けするかも。チックコリアの演目が得意だ。そう、アンディ・ウィリアムズを思い出す。ピアノもいい。

COOL ME DOWN

とボーカリストの女性。客はオールディズが中心だ。実況中継はこの辺で。
Dscf0720_2

« クロカル超人が行く 118 ニューヨーク再訪 3 | トップページ | クロカル超人が行く 118 ニューヨーク再訪 5 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 118 ニューヨーク再訪 4 『 ブルーノート』:

« クロカル超人が行く 118 ニューヨーク再訪 3 | トップページ | クロカル超人が行く 118 ニューヨーク再訪 5 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31