« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009/08/31

超人のジャーナリスト・アイ 111 今回の総選挙を海外のメディアはどう捉えたか The New York Times 電子版

 今回の日本の総選挙を海外のメディアはどう捉えたか。下記はアメリカのニューヨーク・タイムズの電子版からのリポート。
ある日本のメディアはこの時点で民主305、自民116、公明20、共産8、社民6、国民3、他3、残9の議席数と報道中。

August 31, 2009
In Upheaval, Japanese Opposition Wins Elections
By MARTIN FACKLER
TOKYO — For only the second time in postwar history, Japanese voters cast out the long-governing Liberal Democratic Party in elections on Sunday, handing a landslide victory to an untested opposition that must tackle severe economic problems and point Japan in a new direction.

Voters flocked to the main opposition Democratic Party, a broad coalition of former socialists and ruling party defectors who promised to ease Japan’s growing social inequalities and reduce its traditional dependency on Washington.

However, the victory seemed less an embrace of the opposition and its policies than a resounding rejection of the conservative incumbents, whom voters blame for this former economic superpower’s stubborn decline and increasingly cloudy future.

During the hard-fought two-week campaign, Prime Minister Taro Aso hammered at his opponents’ lack of experience, while the opposition said the time had come to toss out Japan’s entrenched old guard.

After the vote, Mr. Aso conceded defeat, telling reporters that he felt “regret” for the vote and that he would have to step down as prime minister and party leader.

The Democrats won 293 of the 480 seats in the powerful lower house, giving it control of the chamber and far surpassing the 112 seats they held before the vote, according to a count late Sunday night by the national broadcaster NHK. The incumbents took just 99, a third of their previous total. Votes for most the other seats were still being counted.

“The people are enraged at the current government,” the Democratic Party leader, Yukio Hatoyama, told reporters. “We feel the strong desire to make their lives better by changing the government.”

The next step for Mr. Hatoyama, a bushy-haired former professor, will be putting together a new government, with himself as the likely prime minister, a process that is expected to take two or three weeks.

The vote was seen here as an exhilarating moment in Japanese democracy, when the country’s traditionally passive voters showed they could control their nation. The hope among activists was that Japan would replace more than a half-century of virtual one-party rule with a more competitive brand of politics.

Many Japanese saw it as a final blow to Japan’s postwar order, which has been slowly unraveling since the economy collapsed in the early 1990s. It also appeared to be a crushing setback for the Liberal Democratic Party, a Cold War-era creation that led Japan from bombed-out rubble to economic miracle, and kept it firmly in Washington’s camp, but that has appeared increasingly exhausted and directionless.

“We have been trying to outgrow this old one-party system ever since the collapse of the Berlin Wall,” said Takeshi Sasaki, a political expert and former president of the University of Tokyo. “It took two decades, but we finally made it.”

The sense that Japan had hit a turning point drew long lines of voters, who in Tokyo braved darkening skies from an approaching typhoon to visit polling stations.

Voters expressed a mix of excitement and unease, saying that what was most significant about this election was the fact that they finally had a real choice besides the unpopular Liberal Democrats.

“This vote is about making a system where parties that fail get kicked out,” said Yoshiyuki Kobayashi, a 40-year-old salaryman who voted at a junior high school in the suburb of Sayama. “We need to teach politicians to be nervous.”

For the Democrats, their initial concern will likely be maintaining unity, to avoid the mistakes of the only previous non-Liberal Democratic government, in 1993, which collapsed in just 11 months because of infighting and defections. Besides that brief period, the Liberal Democratic Party, which was created with American backing in 1955, and its precursors have held or shared power since 1946.

Analysts also expect the Democrats to focus in the first months on domestic issues. The party has pledged to change Japan’s postwar paradigm here by handing more money and social benefits directly to consumers, and not to industry or other interest groups.

It has promised to slash Japan’s traditionally hefty public works spending in favor of strengthening the social safety net and trying to raise graying Japan’s low birth rate by giving families cash handouts of $270 per month per child. The party has also promised to rein in Tokyo’s powerful central ministries, which have run postwar Japan on the Liberal Democrats’ behalf.

But even here, people are not unanimously enthusiastic for the party’s platform, or optimistic about its ability to solve looming problems like the growing government debt and a rapidly aging population.

“People are holding their nose and voting for the Democratic Party,” said Jeff Kingston, a professor of Japanese politics at Temple University in Tokyo. “They want anybody but the L.D.P.,” using the incumbent party’s initials.

There has even been concern here that the Democrats’ margin of victory could be too big. Some in the media have said a landslide could let the Democrats simply replace the Liberal Democrats as a dominant party, instead of creating the competitive two-party democracy that many had hoped would emerge from this election.

The Democratic leader, Yukio Hatoyama, tried to allay such concerns by saying that his party would avoid the heavy-handed tactics abhorred in Japan’s consensus-driven political culture.

“If the Democratic Party becomes too big, they will become a new dictatorship,” said Miwako Sato, a 41-year-old homemaker at a polling station in Yokohama, a city near Tokyo. She said for that reason she had split her vote between the Democrats and a smaller party.

Still, the tone of conversations on Japan’s talk shows and on the streets was a mixture of thrill and anxiety about the imminent end of more than a half-century of Liberal Democratic rule. It remained unclear if a switch would bring a big change in Japan’s direction, as the two centrist parties are close on most policies.

Rather, the nation has been transfixed by the saga of the governing party’s kingpins fighting for their political lives amid the anti-incumbent sentiment. Tabloids have reveled in reporting on former prime ministers and party power brokers in losing battles against largely unknown opposition candidates, many of them charming younger women widely referred to as “assassins” because of their devastating political effect on their opponents.

One former prime minister, the gaffe-prone Yoshiro Mori, 72, drew the ire of many when he told voters not to be fooled by the “sexiness” of his opponent, a 33-year-old former temporary worker named Mieko Tanaka.

The Liberal Democrats are fighting back by mobilizing their own younger lawmakers, many of them also women, to campaign for older male colleagues.

Reporting was contributed by Makiko Inoue in Sayama, Japan, and Yasuko Kamiizumi in Yokohama, Japan.


2009/08/30

超人の面白読書 60 最近買い込んだ本など一言コメント

  第45回衆議院選挙は今日即日開票されるが、「政権交代」をキーワードに戦後政治史に転換期としての新たな1ページを刻む日になるかもしれない。480議席の獲得に各党が凌ぎを削っている。330議席まで民主党が伸ばす勢いと伝えた新聞もあるくらいだ。戦後政治の総決算とかつていわれていた時期があったが、この国の首相がころころ変わる政治レベルの不安定さは却って官僚の温存することになる情況を作ってきたのだ。去年9月のリーマンショックに端を発した100年に一度といわれる世界的不況のなか、輸出の落ち込み、産業構造の激変、デフレ現象、格差と貧困の表出、新型インフルエンザ対策などの医療問題、少子高齢化に伴う社会構造の変化、子育て、年金問題、教育問題、憲法九条を巡る安全保障問題などの問題が山積になっている。緊急を要する問題も含まれていて、この国を再生し力強く引っ張っていけるリーダーが今求められているのだ。昨日たまたま視ていたテレビ番組は、ポーランド自主管理組織「連帯」の20年の記録を追っていたが、その番組の最後の方で、ある初老の男性の次の言葉が印象に残った。社会主義であろうと資本主義であろうと家族を支えてやっていける社会的仕組みがないとどうしょうもないと・・・。日本の結果はあと3、4時間で大勢が判明する、台風も接近してきた、何かが起こるのか―。


 さて、最近買い込んだ本だが、8月はやはり"take a break"だった。そんな中で8点取り上げてみたい。

Img086_3①浅利 誠著 本居宣長・西田幾多郎・三上章・柄谷行人『日本語と日本思想』(藤原書店 2008年4月刊 定価: 3600円+税) 
藤原書店の雑誌「環」に連載された日本語で思考するということ―日本語によって作られた思想家たちを加筆訂正して単行本化したもの。柄谷の「文字論」に刺激されたにもかかわらず、逆に「構文論」の方に向かったと著者はあとがきで書いている。フランス人に日本語を教えてきた著者の日本語に対する考察が鋭い。格助詞、二つの包摂―格助詞と係助詞、「は」と「格助詞」との境界画定へ、テニヲハの中で占めるハの位置、日本思想と日本語の問題、和辻哲郎と日本語、日本的自然について語る二つの道筋、繋辞についてが目次。本文271ページ。ハの生命力を見るのが本書の到達点、助詞はが日本語の構文的なリズムを引き出すという直感が躍動しているとは文芸評論家野口武彦の評の一部だ。面白い。

Img087②荒川洋平著『日本語という外国語』(講談社現代新書 2009年8月刊 定価: 740円+税)
日本人が普通考えているのと違う視点、つまり「外国語」として考えてみようとしたのが本書の狙い。日本語はどんな外国語か ? 日本語の読み書きは難しい ? 日本語の音はこう聞こえる、外国語として日本語文法を眺めてみると、日本語表現のゆたかさを考える、日本語教育の世界へが目次。座標軸のズラし方で見えるものは大きい。

Img088_2
③山本兼一著『ジパング島発見記』(集英社 2009年7月刊 定価: 1500円+税)
第140回直木賞受賞『利休にたずねよ』著者の最新作 16世紀、日本にやってきた7人の西洋人の目を通して、「日本という国」を浮き彫りにする連作短編集(本書の腰巻より抜粋)。

④熊田忠雄著『すごいぞ 日本人 !―続・海を渡ったご先祖様たち(新潮社 2009年6月刊 定価: 1575円)
海を渡った日本人を追跡、その数14ヶ国。グアテマラ、デンマーク、スロヴェニア、ケニヤ、オマーン、イランなど。著者は報道部記者出身。

⑤熊田忠雄著『そこに日本人がいた!―海を渡ったご先祖様たち(新潮社 2007年6月刊 定価: 1575円)
まだぱらぱら捲っているところ。南アフリカ、ニューカレド二ア、エジプト、イタリア、メキシコ、マダカスカル、ラオス、トルコ、チリ、ミャンマー、カーボヴェルデ、セーシェルなど22ヶ国。巻末の引用文献も参考になる。
Img089_2
⑥「現代思想」7月号臨時増刊号 加藤周一 (青土社 2009年7月刊 定価: 1300円)
加藤周一的世界−思考と行動のヒントが満載。やや断片的だが。9月からは岩波書店から加藤周一自選集が出る。津田沼の古本屋には平凡社刊の『加藤周一著作集』が1万円で売っていたが、もうないか ?

⑦『地球の歩き方 ニューヨーク 2009〜2010年版』(ダイヤモンド社 2009年6月刊 改訂第23版 定価: 1750円+税)
13年ぶりでの短期ビジネス+アルファ行き用の最新ガイドブック

Img090_3
⑧渡部蓊著『逐条解説 宗教法人法』(ぎょうせい 2009年刊 定価: 5000円+税)
第4次改訂版 逐条ごとに解説した唯一の書。法律の正しい理解と知識が宗教法人の適正な管理運営に欠かせない。公益法人制度改革に伴い、改訂最新版。行政実例、通達、通知、判例、審議会答申、学説等の諸資料を総合的・有機的に解説した600ページもある大著。寄贈本。最近財務関係の専門書も2日で読破したがなかなか・・・。

付記。今回の総選挙は民主党の圧勝だった。

2009/08/29

超人のうまかうどん『丸香神保町店』続

Photo真夏のぶり返しかと思わせる昼下がり、また、『丸香神保町店』でうどんを食べた。今度は釜揚げ+かしわ天(470円+240円)に挑戦。美味。難を言えば、つけ汁のダシ醤油が多少塩辛かった程度だ。特にサイドメニューのかしわ天、香川のコーチンらしいが、やわらかさ、味、舌触りとgood taste。美味しい。相変わらずの込みようだがスムーズな流れ。サイドメニュー: おむすび(100円)、下足天(180円)、かしわ天(240円)、野菜天盛(200円)、ちくわ天(150円)。立ち食いそばではほとんどうどんしか食べないほどうどん好きには堪らない店かも。わざわざ遠くからこの店に食べに来る人もいるらしい。何でも店主は讃岐うどんの超人気店『山越』で修行をつんだ人とか。今度は「釜玉+下足天」に挑戦だい。読者諸兄
よ、一度お試しあれ―。

追記。2012年12月某日。カレーうどんを注文してカウンター席に運ばれて来たが、店員の説明が悪かったのか思ってたものと違い、急遽他のうどんに替えようしたら厨房の男性が、じゃ、どんなのが良いか言って下さい、汁を足してくれればそれでいいのに、それはできないと。カレーうどんは汁がないドロドロものだった、仕方がないのでかけうどんにしたが。厨房の男性の態度が高圧的、何様のつもり!昼食は台無し。こういう店は店員再教育が必要だろう。唯一救われたのは女性店員が自分に非があったのか謝っていたことだ。筆者はそれ以来この店では食べていない。

2009/08/23

超人のジャーナリスト・アイ 110 テレ東美術番組「美の巨人たち」―前川國男邸

Photoこのテレ東の美術番組「美の巨人たち」も今年で10年目を迎えるらしい。2009年8月14日付毎日新聞夕刊の放送欄で貧しい無名画家発掘も光るとしたタイトルで、この長寿番組の人気の秘密をナレーターの俳優小林薫や永田浩一プロデューサーのインタビューを交えながら探っていた。最近は渋い小林薫の声にプラス、シリアスときにコミカルなドラマも挿入されて益々内容の濃い番組になってきている。不況でもろに制作費削減が取り沙汰されているテレビ番組制作だが、この長寿番組は海外ロケや著作権処理などに膨大な費用がかかるにもかかわらず予算は減っていないと担当のプロデューサー氏。自信の一端が伺えるところだ。筆者もこの記者と同様に無名の作家や気鋭の現代芸術家も取り上げてほしいと期待したい。

  さて、絵画だけではなく今回は建築シリーズ。以前にもヴォーリズを取り上げていたが、フランス人建築家、ル・コルビュジェの弟子、前川國男作「前川國男邸」が今回の一枚だ。西洋建築の様式美と日本建築のそれを配した傑作である。最初品川の上大崎に建てられたが、今は移築されて小金井市にある江戸東京建物園にある。下記はテレ東番組HPからの引用。

4週連続でお送りする、日本の建築スペシャル第3弾。今回は、東京文化会館や、国会図書館、京都会館などで知られる建築家、前川國男の自邸、『前川國男邸』を紹介します。
わずか30坪の土地に建てられた、どこか懐かしい日本民家。空を切り取るような切妻屋根に、建物の中央に据えられた丸柱。渋みのある茶色の壁は、ぬくもりと落ち着きを醸し出します。しかしその内部は、モダンな造りとなっています。リビングは、高さ4.5メートルの吹き抜けが生み出す開放感があり、南向きの格子窓からは優しい光が差し込みます。そしてリビングの味わい深い階段の先にはロフトが設けられています。
P003
革新的な造形で、20世紀の建築界に革命を起こしたフランス人建築家、ル・コルビュジェ。彼の書いた本に、前川は心を奪われます。東京帝国大学建築学科で学んだ前川は、昭和3年、卒業式を終えたその足でパリへ旅立ちます。憧れのコルビュジェのアトリエに勤め、建築家としての第一歩を踏み出しました。当時のコルビュジェは、従来の伝統や慣習を否定し、技術の進歩を活かした自由な空間作りを掲げていました。前川は彼の下で2年間の実務を経験し、近代建築の信念と理想を受け継いでいきます。帰国後は日本独自の近代建築を目指し、30歳で事務所を構えました。しかし、日本は戦争に突入し、設計の仕事はなくなっていきます。そんな中、昭和17年、前川は妻と二人で暮らす家を建てました。それが、前川國男邸です。戦争による資材統制によりほとんど木材しか使えず、また建坪30坪以下という制限があった中で、前川は3LD、キッチン、ロフト付きという、モダンな一戸建てを建築するのです。空襲により事務所を焼失すると、ここを事務所代わりに使い実務を続けました。敗戦後住宅不足に直面すると、安く、簡単に作れる木造のパネル組み立て式住宅を考案し、ここから戦後の日本の復興を支えました。前川は、あるテーマを持って建築に取り組んでいました。それは、人のために建築は何が出来るのか(太字は筆者)、ということです。このテーマの答えの一つが、彼の自邸には隠されていました。前川が30坪という敷地に込めた、思いに迫ります。
P004写真左は前川國男の一筆書きの図、一見迷路だが広がる空間がきちっと考えられているのだ。国立国会図書館の内部もそうなのかと改めて考えさせられた次第。

--------------------------------------------------------------------------------
■次はWEBPAGEより

1942年(昭和17)品川区上大崎に建てられた住宅です。
中庭を正面に大きく開けていて二階部分は組んだ木の間にガラスがはめ込まれ、照明など建物の内装や生活空間が少し見える様な開放的なデザインになっています。それとは反対に一階部分は障子によって外部からの視線から生活空間が見えない様に建築家の配慮がなされています。しかし、この障子を開けると中庭の芝生と一階部分とが一体化したような開放的、且つ木の素材で出来た家が庭の自然によく映える自然環境の間となります。
内装は変わっていて、どちらかというと統一感はなく、球の形をした照明やカサを被った形の照明、椅子や机のデザインも様々で他の住宅に比べると計算高いというよりは“奇抜”なデザインだったと思いますが、幅広い年齢層の人が馴染める住宅デザインだったと思います。あまり仕切りがなく天井なども吹き抜けになっているので書斎や寝室も風通しが良く、快適な空間になっていました。(土屋 聡美)

2009/08/21

超人のジャーナリスト・アイ 110 朝日新聞文化欄の記事など 1

 早いもので8月も下旬、夏の総括には少し早いが、最近気になっている事柄に触れてみたい。ジャーナリスト・アイと言うよりはむしろ“雑雑考考”と言ったところ。偶然にも朝日新聞文化欄を覗いたら似たような問題についての記事が掲載されていたのだ。8月10日、11日と15日の3回に渡って連載された。題して「現代○○の謎」。下の未来の記事の最後は、雑誌「思想」編集長の互盛央氏の言葉で締め括っている。現代思想で大きな理論がうまれていなくても、人間の考える力、情報を集める力は変わっていない。理念をあきらめてはいけないし、役に立たないことを考える価値を信じたい。人間の想像力を信じたいと。結果の出にくい人文諸科学の分野のレベルが大学機関等で問われたりして知のゆらぎが問題になっているが、ここで言及している「役に立たないことを信じたい、人間の想像力を信じたい」ということが筆者がまさに最近気になっていることなのだ。
 若い頃から読書―大方は乱読雑読斜め読の類―をしてきたが、最近富にこんなことしてて本当に良いのかと不安気味なのだ。無駄の効用を信じて、せっせと本を買っては乱読、積読、挙句には未読で終わるのが普通の日常がずっと続いたが、去年亡くなった筑紫哲也氏の言葉を引用しながら、知の買いかぶりがなくなったと復刻版・雑誌「朝日ジャーナル」のコラムで編集長が書いていたのを思い出した。ニューアカデミズム、あんなものはなかったとこの間の大江健三郎賞受賞公開対談で大江健三郎氏が一蹴していたが、筆者が今、つくづく思うのはやはり独学のすすめだ。この大江健三郎賞受賞者の文芸評論家、安藤礼二氏もそうだ。言い換えれば、好きなことをずっとし続けることのタフさだ。ビンボー大学生時代には今の大学には見られない大学闘争や最近特に元気な吉本隆明の小難しく分厚い本などが生協に並び、片手にはマンガ本、もう片方には朝日ジャーナルを持ち、街を闊歩するのがステータスの時代だった。しかし、当時はもちろんインターネットもない時代で知的情報の紡ぎ方は用意ではなかったが、それでも知的好奇心があって“たどれる”楽しさがあったのだ。岩波新書の梅棹忠夫著『知的生産の技術』はそんなビンボー学生には福音の書だった。特に独学には格好の指南書なのだ。あれから幾星霜、今もって京大式情報カードはメモ書き用で常時携帯している。〈続く〉

2009/08/12

学術先端情報―学術情報誌「PS Journal」創刊号~第13号・「CPC Journal」第1号目次一覧(小論タイトル名と執筆者名) 紹介 

「PS Journal」創刊号~13号・「CPC Journal」第1号 目次一覧(小論タイトル名と執筆者名)
「PS Journal」2003 autumn 創刊号 特集 転機の大学 ■国立大学も法人化で競争の時代へ 京都橘女子大学教授 教育行政学 渡部蓊 ■大学教員の身分保障問題 横浜市立大学助教授 教育学 高橋寛人 2004 spring 第2号 特集 研究者の現在 ■研究と調査 山梨学院大学教授 日本近現代史 我部政男 ■日系カナダ人史研究の現在 京都女子大学教授 文化史 坂口満宏■大学で「文学」を読むことの質的転換の試み 福島大学教授 日本近現代文学 澤正宏 ■「平成の大合併」と農村社会史研究 同志社大学教授 農業経済史 庄司俊作 ■旧農林水産省管轄岩手牧場所蔵資料 岩手県立大学盛岡短期大学部助教授 日本近現代史 後藤致人 ■250年間の「平和」広島修道大学教授 日本経済史 落合功 2003年 第3号 特集 研究者の現在Ⅱ ■ジェンダーの視点からの軍隊戦争研究 関東学院大学教授 現代史 林博史 ■「ヒロシマ・ナガサキ」からの59年-風化に抗する意思 筑波大学教授 憲法 黒古一夫 ■曖昧な科学としての教育学 名古屋大学助教授 教育学 牧野篤 ■汝、自身を知れ-京都大学総合体育館の建築論 京都大学助手 建築論 藤原 学 ■市町村合併と行政文書 福島大学助教授 地方行政 荒木田岳 ■中国語教育雑感 京都大学助手 日本語学 李長波 ■250年間の「平和」(その2) 広島修道大学教授 日本経済史 落合功 2004年 第4号 特集 研究者の現在 Ⅲ 目次 ■『非戦論』について 文芸評論家 富岡幸一郎 ■行政史料と個人情報 専修大学助教授 永江雅和 ■『普遍性』をめぐって 駿河台大学教授 北原仁 ■島崎藤村研究の現状と文学を読むことの意義 宮城学院女子大学教授 伊狩弘 ■嘉永6年のできごと 関東学院大学教授 矢嶋道文 ■植民地鉄道史研究の現在 奈良大学助教授 三木理史 ■金融史研究の現在 名古屋市立大学講師 横山和輝 2005年 第5号 特集 研究者の現在Ⅳ  若手研究者を中心に 目次 ■市民(地球市民)育成への挑戦 東京国際大学教授 下羽友樹 ■インターネット情報源の検索演習 昭和女子大学教授 大串夏身 ■閲覧者から見た資料館 東京大学大学院経済学研究科日本経済国際共同研究センター研究機関研究員 高嶋修一 ■大学史編纂雑感 青山学院大学助手 鈴木勇一郎 ■日本の「負の遺産」を考える 千葉科学大学非常勤講師 中川洋 ■山形県櫛引町黒川の資料調査から 日本大学通信教育部インストラクター 桜井昭男 2005年 第6号 特集 研究者の現在Ⅴ 経済史を中心に 目次 ■綿業史研究の現状と問題点 大阪大学教授 阿部武司 ■二分法的経済社会認識の錯誤 大阪市立大学教授 大島真理夫 ■もうひとつの研究活動 立教大学教授 老川慶喜 ■古書店で出会った資料や蔵書がおしえてくれたもの 浦和大学教授 寺脇隆夫 ■カフェーと文化運動 関西大学助教授 増田周子 ■志士と由緒 仏教大学・京都産業大学非常勤講師 笹部昌利 ■イギリスでの出来事 龍谷大学助教授 佐々木淳 2005年 第7号 特集 研究者の現在Ⅵ 越境する日本文化 目次 ■エリーゼは「伯林賤女」に非ず 金沢大学教授 上田正行 ■プリンストン大学東アジア図書館日本語コレクションについて プリンストン大学東アジア図書館司書 牧野泰子 ■ドイツ・エルフェルト大学東アジア史研究室の概要 エルフェルト大学教授 ラインハルト・ツェルナー ■ニコライ2世日記 挫折と再読 大阪学院大学助教授 広野好彦 ■市民と大学生にとっての歴史展示の意味―「軍事郵便」の運命を危惧して 専修大学教授 新井勝紘 ■中原中也、新聞を読む 梅光学院大学講師 加藤邦彦 ■「情報公開法」と「近代史科学」 駒沢大学講師 熊本史雄 2006年 第8号 特集:研究者の現在Ⅶ 女性学研究最前線 目次 ■中国女性学の最新動向 中華女子学院大学客員教授 大浜慶子 ■ジェンダー統計に関する研究 日本女子大学助教授 天野晴子 ■ジェンダー研究とセクシュアリティ研究の交差 女子栄養大学専任講師 田代美代子 ■NPOと女性の学習 市原看護学校非常勤講師 山澤和子 ■学校女性管理職の研究 日本女子大学助手 高野良子 ■「家庭教育」の歴史研究について 彰栄保育福祉専門学校専任講師  藤枝充子 ■戦後(1970年代まで)の女子教育研究をめぐって 日本女子大学教授 真橋美智子2006年第9号 特集:研究者の現在Ⅷ 人文・社会科学の、パースペクティブ ■王政復古政府と身分問題 京都大学名誉教授 佐々木克 ■最初の現地調査-「掃苔録」第1冊から-仏教大学教授 原田敬一 ■総合科学と歴史学 広島大学助教授 布川弘 ■宮沢賢治の造語「イーハトヴ」について 福島大学教授 九頭見和夫 ■作品の力がものを言う-中国における谷川俊太郎- 東京大学外国人研究員 田原 ■「自立」途上にある韓国の植民地期経済史研究 江陵大学講師 呂寅満 ■資本市場研究について 東京大学教授 伊藤正直 2006 Special issue Focus: Cross-cultural aspect ■Drago Unuk: "A Linguist came from a small country, Slovenia." 第10号特集: 研究者の現在Ⅸ 人文・社会科学の、パースペクティブ 2 ■ヨーロッパの帝国主義の東漸と東アジアの商人ネットワーク 京都大学人文科学研究所教授 籠谷直人 ■RG131接収商社資料と空襲ターゲット選定 九州大学教授 三輪宗弘 ■一次資料との出会いと大学図書館いろいろ 釧路公立大学准教授 宮下弘美 ■地方鉄道史資料との出会い 中京学院大学講師 関谷次博 ■船舶保存の課題 千葉科学大学非常勤講師 中川洋 フィルムセンターにおける映画資料の収集と公開 東京国立近代美術館フィルムセンター主任研究員 入江良郎 ■大学図書館員が教える「情報の紡ぎ出す力」同志社大学図書館員 井上真琴 2007年 第11号 特集:研究者の現在Ⅹ 人文・社会科学の、パースペクティブ 3 ■中国経済はなぜ成長したか 桃山学院大学教授 厳善平 ■戦後の郊外住宅都市における小売商業の展開と「お買い物バス」の運行 神戸学院大学教授 廣田誠 ■「地域に根ざす」経営史研究者としての一あり方 長岡大学准教授 松本和明 ■史料の保存や公開、あるいは戦争の労苦継承や慰籍事業に関する雑感 東京女子大学教授 黒沢文貴 ■移民関係書誌から考えること 国立国会図書館新聞課長 神繁司 ■ドイツの逆襲-データに基づく教育計画 玉川大学准教授 坂野慎二 ■「オカルト」の現在 横浜国立大学教授 一柳廣孝 2007年 第12号特集: 研究者の現在ⅩⅠ地方文学研究者は今 目次 ■鷗外『椋鳥通信』における西洋文化の受容と伝搬 富山大学教授 金子幸代 ■石川近代文学館徳田秋聲原稿について 金沢学院大学教授 秋山稔 ■谷崎潤一郎と日本橋人形町 京都大学助教 藤原学 ■東京裁判と文学 京都橘大学教授 野村幸一郎 ■「小説で読む日本の問題」を求めて」福島大学教授 澤正宏 2008年 第13号 特集: 研究者の現在ⅩⅡ歴史研究の地平 目次 ■水曜会と新水曜会 東海大学教授 井上 孝 ■歴史研究の醍醐味 敬愛大学教授 村川庸子■「リテラシー史」という領域 早稲田大学教授 和田敦彦■大蔵官僚の天下りと銀行業務の近代化 横浜国立大学准教授 邉英治 ■北部九州の炭鉱史料群を前にして 九州大学准教授 宮地英敏 ■ヒトの行為を中心に地域経済の変動を考える 東北学院大学准教授 白鳥圭志 ■現在の研究と関心 明治大学教授 佐々木聡

「CPC Journal 」2009年 第1号 特集: ライブラリアンは今 知の交流発信地のめざすもの 目次 ■インターネット環境下における原資料―憲政資料を例に― 国立国会図書館政治史料課長 堀内 寛雄 ■「民間」公共図書館の可能性 国立国会図書館電子資料課長/前東京都千代田区立千代田図書館長 柳与志夫 ■「日米韓」の図書館を訪問して 滋賀県愛荘町教育長/前愛知川図書館長 渡部幹雄 ■私説「いちばん病」 シカゴ大学図書館日本研究上席司書 奥泉栄三郎 ■文化としての科学を求めて 大分「児童文学と科学読物の会」代表 辛島泉 ■特集寸想 小浜傳次郎
註。敬称略。肩書きは執筆当時のもの。

2009/08/09

冷夏の真夏 2句

夏来るオバマのプラハナガサキの鐘

夏ヤクや勝手気ままの黒うさぎ

2009/08/07

超人のうまかうどん『丸香神保町店』

200908071313000行列の絶えない『丸香神保町店』。かけうどん+天ぷら3品+おにぎりで680円也。超美味。特にうどんの弾力とコシ、つゆも加減がいい。天ぷらの盛り合わせをオプションに選んだ。かぼちゃ、いんげんにじゃがいもの組み合わせ、これもイケたのだ。メニューはかけ(温・冷)つけ、ぶっかけ、釜揚げ、月見、釜たま、山かけ、月見山、おにぎり、天ぷら類など。讃岐うどんは頑張ってる。新鮮な味わいだった。また行きたい店だ。200908071309000

童謡 「風」 誰が風を見たでしょう

誰が風を見たでしょうで始まる詩。

原詩はイギリスの19世紀の詩人クリスティナ・ロセッティ。
西條八十訳でどうぞ。

誰が風を 見たでしょう
僕もあなたも 見やしない
けれど木の葉を 顫わせて
風は通りぬけてゆく

誰が風を 見たでしょう
あなたも僕も 見やしない
けれど樹立が 頭をさげて
風は通りすぎてゆく

<原詩>
Who has seen the wind?
Neither I nor you;
But when the leaves hang trembling
The wind is passing thro'.

Who has seen the wind?
Neither you nor I:
But when the trees bow down their heads
The wind is passing by.


このブログでは応用編―

ナンセンス詩あるいは 2009年夏 葉月 誰が風を見たでしょう 5

ナンセンス詩あるいは
2009年夏 葉月
誰が風を見たでしょう 5

湖水にハスの葉
上空に笑いの月

旧暦葉月は屹立
葉と月はエコロ

2009年夏 葉月 グリーンイヤーも本格的に走りだして8ヶ月 エコもヒコもエコヒーキ ギーコギーコと削る音 実態が見えない メガネかけても まだまだ 地球の果てまで行ってしまえ
2009年夏 異常気象は夏をなくして 雨天曇天小寒 それより ゲリラ豪雨 あちこちで 立ち現れては 消える その雨の恵みの凄いこと ゲゲゲゲゲゲゲビシャビシャゴーゴー エコも流された 地球の果てまで行っちまえ 夜明け前に 笑う月まで 飛んでいけ
失敗は許されなかったと 若田さん カイゴをお願い 羽ない 金ない 頭ない だから 誰が風を見たでしょう〈了〉

ナンセンス詩あるいは 2009年夏 葉月 誰が風を見たでしょう 4

ナンセンス詩あるいは
2009年夏 葉月
誰が風を見たでしょう 4

今朝のニュースは 女優大原麗子の孤独な死を伝えた あの低く 甘ったるい声と憂いに満ちた表情は もう見られない 風天の寅さんのマドンナは 微妙な笑顔を残して 天国へ 少し愛して なが〜く愛して SUN HISTORY DEAD
酒井法子は いまどこ 私はだれ 私はなぜ エル コギト スム 私は? ゴーギャンの絵が語るすべて 南太平洋の島タヒチの 文明から遠く 平和なパラダイス 聞けば株仲買人として 当時の金で年収3000フランはあったゴーギャン なぜタヒチ なぜ画家 それにしても 酒井法子は いまいずこ 早く帰ってこいよ 早く帰ってこい 来い 恋 鯉 故意 意外な展開 トンデモナイト カップル 詩からもっとも遠い 破片断片 だから 誰が風を見たでしょう〈つづく〉

2009/08/06

ナンセンス詩あるいは 2009年夏 葉月 誰が風を見たでしょう 3

ナンセンス詩あるいは
2009年夏 葉月
誰が風を見たでしょう 3

朝を呑み込むとは おもっきりテレビの朝番を視ることではない 政治の季節が吹き荒れている この国の形は いつしかサルバドール・ダリの溶けた時計 奇形 ケッタイ どの党のマニフェストだと ケッタイ 失態 蹴飛ばせ 公共を考える壮大なイマジネーションが手元になく あるのはやっつけ本番の上塗り 自分の顔に塗ってみろ やってみろ ホアン・ミロだって驚くぜ 眠い朝に 政治が顔出す みんな疲れているのに 痴話喧嘩はゴム用 縮んだり伸びたりしなくてもいい 等身大の力があれば足りるのだ 薄っぺら 阿呆だ ファッキン遊 政治には向かない問題だって すべてごった煮 争点がみえない きこえない はめない やらせない 朝食は政治の汚染されたザル蕎麦だ どうにでもごザル サル回し バルにザルが食べられた ザルバルザルバル カンタッターだから 誰が風を見たでしょう〈つづく〉

ナンセンス詩あるいは 2009年夏 葉月 誰が風を見たでしょう 2

ナンセンス詩あるいは
2009年夏 葉月 
誰が風を見たでしょう 2

夜明け頃 どういう訳か猛獣・珍獣のザオリスが徘徊する まずトイレがガタンと 次にドアがパタンと音を立てる こんな朝に誰がいる たれがいる 不思議発見 探検は頭上と現の世界を交信しながら 続くが 猛獣・珍獣のザオリスは 素早いから すぐ見失う 早い朝はコケコッコーではなく シッコと紙の塊 紙の舞 母音〈う〉と〈あ〉の非連続音が響く ジャズよりもソプラノよりも超越して 身体語が響くのだ 魂の叫びが朝早く始まったのだ 猛獣・珍獣のザオリスは朝靄のなか 分け入った森でリングを探す どこそこと長い指がアンテナ代わり その鋭さは磁石 ししゃく シルバーリングを見つけだすのだ 猛獣・珍獣ザオリスのアクセサリーも思考回路を掻き乱す どっこい後首近くにリングが跳ねる その微かな音叉 ワンダモーニングコーヒーの空き缶が棚に置き去り 嗅ぐか投げるか それが問題 だから 誰が風を見たでしょう〈つづく〉

ナンセンス詩あるいは 2009年夏 葉月 誰が風を見たでしょう

ナンセンス詩あるいは
2009年夏 葉月
誰が風を見たでしょう

朝5時半頃起床して パソコンを弄り テレビをつけて 進軍ラッパよろしく前へとおしやる それから新聞に目を通すはずが しない 時間がない 面倒くさい 活字に辟易 暗いニュースばかりでうんざり どれも暗転模様 テレビだってどの局も同じく情報の垂れ流し だから海外ニュースを10分ばかり ブレックファースト代わりに視る ここでも暗いニュースが続く 世界の果てまで連れてってよ第5弾だ 効用はあるかないかは知らなんど エンターテイメントもここまで来ると やけくそ糞ったれだ 朝はグッドモーニング 朝は失踪 だから 誰が風を見たでしょう 〈つづく〉

超人の面白ラーメン紀行 126 千代田区小川町『めん徳 ニ代目 つじ田 神田御茶ノ水店』

200908051150000千代田区小川町1丁目にある『めん徳 ニ代目 つじ田 神田御茶ノ水店』。行列のできる店で有名だ。比内鶏使用と匠のアレンジが売りで、特にすだちをかけて食べるつけ麺は美味だそうだ。ニ代目ラーメンを頼んだ。950円也。スープは豚骨魚介系でなかなか濃厚、麺は中細ストレート、トッピングは味付玉子、海苔葱メンマそれに豊富なチャーシュー、メンマも良いがこのチャーシューが特に旨かった。
千代田区小川町『めん徳 ニ代目 つじ田 神田御茶ノ水店』①スープ★★☆②麺★★★③トッピング★★★④接客・雰囲気★★⑤価格★☆

2009/08/05

超人の面白ラーメン紀行 125 文京区本駒込『大沢商店』

200908041140000地下鉄都営三田線白山駅近くの東洋大学から徒歩5分、なぜか和歌山ラーメンの何々商店を思い浮べてしまった店が『大沢商店』。 ユニークな入口を入ると普通のラーメン店とは多少違っていた。テーブルが狭く配置もこれまたユニーク。店内をキョロキョロしていたら、チャンピオンベルト姿の不思議な大写真があるのを発見。なぜ?ボクシングには全く疎い筆者は、それが元キックボクシングの日本チャンピオン、この店の主だとはつい知らなんだ。流石に“商店”とあってメニューが豊富だ。カレーライス、カレーラーメン、野菜ラーメンなどの一品料理のものから定食類まである。名物のカレーラーメンを頼んだ。7分位待たされて出てきたラーメンがこれ。小、中、大、極と辛さを増せば値段も50円ずつ上がるのだが、辛いのは得意でないので最低ランクのものを頼んだのだ。激辛はなかなかのものらしい。カレーは鶏肉が目立った他はごく普通、麺は茹で過ぎた感じだ。蒸し暑さも手伝ってか汗の方が気になってしまった。店内は女性客や若い男性客が9人位。ラーメンランキングでも人気だそうな。カレーラーメン小辛は700円だったので千円札を出したら400円お釣が来た。勘定があわないと思っていた矢先、女将さんが今日は100円引きですと。ラッキー!(そう言えば、ホワイトボードには赤印で書いてあった!)
この辺には15年位いた筆者だが、多少の新陳代謝も起きているみたい。その最たるものが東洋大学だろう。本当に現代化した感じだ。もうひとつ、焼鳥屋がスナックになっていたのにはサプライズ。白山から巣鴨方面もラーメン店が凌ぎを削るエリアだ。
文京区本駒込『大沢商店』①スープ★★②麺★③トッピング★☆④接客・雰囲気★☆⑤価格★★☆

2009/08/04

超人のスポーツ観戦 全英女子オープン宮里藍二週連続優勝ならず

 国内で17才の石川遼選手が完全優勝を遂げた日、海の向こう遥か英国で開催中の全英女子オープンゴルフで宮里藍選手の二週連続優勝に期待がかかっていたが、結果は1オーバーの3位。優勝は39才のママさんプレイヤー、マシューで2アンダー。宮里藍は32年前にこの大会で優勝した現日本女子ゴルフ協会会長の樋口久子氏の解説によれば、ドライバー、ショット、パターそれに精神的なタフさなどどれを取ってもほぼ完璧に近かった。特にアプローチやパターのリズムがスムーズで視る者を驚かせた。気負いのないボール運びは練習、練習の結果を彷彿させた。ゴルフは何が起こっても不思議ではない予測不可能なスポーツだと言われているが、深夜にテレビ観戦していた筆者としては、日本人特に若い選手が活躍していたことに大いに頼もしさを感じて、その先頭を走る宮里藍選手に勝たせてやりたい気持ちで一杯だった。最終ラウンドの勝負のバックナイン、ここでの一打一打の出来具合が勝敗を分ける。一時は首位に並んだ宮里藍は、14番でボギー、17番でダブルボギー、ここでほぼ勝負は決まった。そういう時に首位をキープしながら逃げ切るスコットランド出身のマシューが、ラフからでもグリーンを捕らえバーディーを決めてくる。彼女には確かにラッキーな面もあったが、それも実力のうちなのだ。先の全英オープンでもそうだったが勝負の世界は厳しい。
 試合後のインタビューで宮里藍選手は、気持ちの切り替えはできていたが、やはり17番が悔やまれる感じだった。深いバンカーから脱出したものの、出すのがやっと、すでにパーはむずかし状況だったのだ。全体的に見れば、確実に次の勝者の射程に入って来ているようだ。ママさんプレイヤーのマシューは出産後わずか2ヶ月後にこの快挙、驚異的と言わざるを得ない。
英国のゴルフ場はすぐ近くに海があり航海中の船まで見えた。難しかったのはこの海からの風を読み切ることだった。あの長いラフの状態もまた然りだ。タフさが要求される所以である。この大会自己ベストの3位を含めた宮里藍の今年の獲得賞金は100万ドルを越えた。結婚間近との報道もあるらしい。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31