« クロカル超人が行く 117 七月の夜―ブルーノ・シュルツ祭 Noc Lipcowa-Festiwal Schulzowski w Tokio | トップページ | 超人のスポーツ観戦 全英女子オープン宮里藍二週連続優勝ならず »

2009/07/28

超人の面白スポーツ観戦 宮里藍、エイビアンでトレビアン!米ツアー初勝利

 テレビ朝日が先週の土曜日の昼頃の番組でこのフランスのエイビアンで行われたゴルフ大会の第1日目の様子と宮里藍を中心に上田桃子ら参戦している日本の女子プロの活躍を特集していた。その中で宮里藍がショット、パットとも順調でアンダーパーの好スタートを切っていた。もしかしたら今度こそ初勝利もあるかもとマスコミ報道が気になっていたが、その宮里藍がついにスウェーデンのグスタフソンとのプレーオフを制し、念願の米ツアー初勝利を収めた。03年9月、30年ぶりに最年少で国内の女子オープンに優勝、同年プロに転向し通算13勝。4年前から米ツアーに参戦していた。
 勝利の瞬間嬉し涙が頬から流れた。万感の思いがこみあげたのだろう。4年はあっという間だったと語る本人だが、その過程は決して楽なものではなかったことは想像がつく。日曜日朝のTBS番組「サンデーモーニング」の人気スポーツコーナーでも、我らが親分こと大沢元監督が、米ツアー参戦中の宮里藍の成績を見て盛んに“喝!”を入れていたのが今となっては懐かしいシーンだ。コンビの張本氏は更に厳しいコメントだったが。さて、今週の両解説者のコメントが見物だ。エイビアンでトレビアン! 何だかアド街風―。
 宮里藍の最新映像は次のメジャー制覇(全英女子オープン)へ意欲を見せる、爽やかないつもの“愛ちゃん”の姿だ。しかし、一回りもニ回りも大きくなったようだ。今後の活躍に注目。それにしても聖志、優作の兄は、「あに」はからんや―。何とも羨ましい兄妹ではある。

追記。またしても日本の女子の快挙。今度は女子プロの全米ゴルフツアー、フランスのエイビアンマスターズで宮里藍が優勝。フランスのゴルフ場は相性がいいのかこれで2勝目。先週の世界女子サッカードイツ大会でなでしこジャパンが初優勝を成し遂げたばかりの朗報だ。日本の女子は頑張っている(2011.7.25 記)。


« クロカル超人が行く 117 七月の夜―ブルーノ・シュルツ祭 Noc Lipcowa-Festiwal Schulzowski w Tokio | トップページ | 超人のスポーツ観戦 全英女子オープン宮里藍二週連続優勝ならず »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« クロカル超人が行く 117 七月の夜―ブルーノ・シュルツ祭 Noc Lipcowa-Festiwal Schulzowski w Tokio | トップページ | 超人のスポーツ観戦 全英女子オープン宮里藍二週連続優勝ならず »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31