« クロカル超人が行く 106 横浜山手再訪 | トップページ | 超人の雑雑考考 »

2009/04/04

クロカル超人が行く 106 横浜山手再訪 続

その横浜山手外人墓地。200904041535000
今日は土曜日なので、OPEN HOUSEといって募金をすれば墓地をコースに従って見学できる日。予定外に遭遇、早速いくらか募金して中に入った。資料館を200904041501000
一瞥してからコースを回ったのだが、なかなか誰々の墓とは判り難い。幕末・明治の時代に活躍した人々が眠る墓は日本の墓と違って趣きがあるのだ。最初の外国出身落語家ブラック、孤児院や学校の設立で日本の福祉と女子教育の黎明期に貢献したサンモール修道会、米ポトマック河畔への桜(NHKBSの番組「アゴラ」で現在のワシントンDC、ポトマック河畔の桜を放映していた)の移植に尽力した文筆家スキッドモア、新約聖書を最初に全文和訳したブラウン、200904041518000
日本最初の鉄道建設でモレルとともに働いた建築副役ダイアック等々。"in memory of〜"の文字が刻まれた、ごく最近の墓も散見された。元々は1854年(安政元年)ペリー艦隊再来の際事故死した隊員を横浜村の増徳院境内に埋葬したのが始まりらしい(財団法人 横浜外国人墓地の公開順路案内図を参照)。筆者は以前にこの墓地に埋葬されているらしい外国人を捜したことがあるが、何に関してか今思い出せないでいる。現在5600坪、2500の墓石数らしい。外人墓地に咲く桜もまた、映えるのだ。WONDERFUL ! 200904041503000_4Section_4

今や横浜山手の歴史散歩のセットメニューはユーミンの唄でも有名なレストラン『山手10番館』。200904041537000
フランス料理の「ハイカラ」コースは3800円、「赤い靴」コースは2700円そしてコーヒーは500円。今日は野外コースもあって若いカップルがちらほら。さすがレストランの中は満席、外で女性二人組が待っていた。岐路横浜元町商店街を歩いていたら、雨がポツリポツリそして終には本降り化した。

« クロカル超人が行く 106 横浜山手再訪 | トップページ | 超人の雑雑考考 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 106 横浜山手再訪 続:

« クロカル超人が行く 106 横浜山手再訪 | トップページ | 超人の雑雑考考 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31