« 超人の“いとおかし”短歌 5首 | トップページ | クロカル超人が行く 102 久留米市『石橋美術館』 »

2009/02/10

超人の面白ラーメン紀行110 久留米市『大砲ラーメン本店』

200902101130000久留米市の護国神社近くのラーメン店『大砲ラーメン本店』。200902101126000
ひろせ食堂、丸星中華そばと並ぶ久留米ラーメン店の老舗、強いて言えば博多ラーメンの原点だ。ごく普通の「ラーメン」(並480円)を食べたが、美味。さすが豚骨のダシは創業以来継ぎ足しと伝統にこだわる。また、チャーシューもやわらくていい。200902101140001_3
店内はカウンター20席、テーブル30座席と大分広いが、明るくはきはきと応対する店員の接客もグーだ。続きは後ほど。まだまだ旅の途中なのだ。


さて、旅は終了。ここで急いで記したいのは、店のレジ脇に置いてあったラーメン注文用のチラシImg031_2に『支那そばや』の佐野実氏とツーショットで『大砲ラーメン』の店主が載っていたことだ。どうしてと店員に質問、すると彼とうちの社長とは親友との返事が返ってきた。なるほど、中華そばこだわりつながり・・・。
メニューは昔ラーメン(並500円)、チャーシューメン、ワンタンメン、ワンタンスープ、昔チャーハン、のりネギラーメン、昔ワンタンメン、昔ワンタンスープといろいろ、値段も手頃、特に餃子は10個、340円は良いかも。スタッフは8名、昼時次から次と客が入って来るが、広いので満杯にはならなかった。簾を配した構図は見た目京都のお茶屋風―。
『大砲本店』①スープ★★☆②麺★★☆③トッピング★★☆④接客・雰囲気★★★⑤価格★★★

« 超人の“いとおかし”短歌 5首 | トップページ | クロカル超人が行く 102 久留米市『石橋美術館』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行110 久留米市『大砲ラーメン本店』:

« 超人の“いとおかし”短歌 5首 | トップページ | クロカル超人が行く 102 久留米市『石橋美術館』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31